スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/11公演を迎えて、、、

3月11日、、もうすぐSHOCKの幕が開きますね。

先日から東日本大震災関連の番組がたくさん放映されています。
昨晩もずっとNHKを見ていました。


多くの尊い命が失われ
今もなお、原発事故は収まってはおらず
復興の道は遠いような気がします。
そして、、近い将来もっと大きな地震が来るであろうと
発表され
色々考えると、恐ろしくて眠れなくなってしまうし
子どもたちの事を考えると不安で仕方のない自分がいます。


それでも、、、
いつ来るかもわからないものに
不安を抱え、毎日おびえて暮らすのはやはり得策ではないし
だからこそ、一日を大事に生きなければ、、と
改めて思う震災の映像なのでした。


まだ苦しんでいる方々がいるという事を
けして忘れず、
これからも同じ日本人として一緒に
進んでいかなければいけないんだな、、と
もう一度思い出す大切な日でもあるのだなと。


そして、、、光一ファンにとっては
やはりまた特別な日である、、というのは
(おおっぴらには言えない事ではあるけれど、、、)
仕方のない事ですよね。


あの日を思い出す事イコール
途中で止まってしまったSHOCKの時間、、、
光ちゃんのSMGOの言葉、、、
切ない思い、、、


その後の経過は光一ファンなら忘れる事のできないものですものね。



今日、この日を迎え
光ちゃんは、今どんな気持ちなのかなぁ、、と帝劇に思いを馳せています。


舞台人にとって
途中で、表現する場所を奪われるというのはどんなに辛い事なのだろうかと、、。
光ちゃんはあまり自分の気持ちを大げさに話す人ではないけれど、、
それでもインタビューの記事や、公演ラストのご挨拶の中で
垣間見えるものがあります。
そして、、だからこその、この無謀とも言える4ヶ月公演なのだろうかと
思い至ると、涙が出てきそうになる自分がいます。


彼の中で、、、色んな葛藤があり、それを乗り越えての変化もあり、、、
ミレニアムの時から、光ちゃんの舞台を観続けてきて
どんな日でも、どんな公演でも、彼が全身全霊で
いいものを見せよう、演じようとしている事は
光一ファンならずとも感じる事ですが


それでも、、、、、
普通では体験できない事を体験し、辛い想いを経験し
迎えた今年のSHOCKは
演じる側も、観客の私たちの方も、、
何かが違っているような気がしています。


命があり
SHOCKを観る事ができる喜び。
当たり前の事にようだけれど
それを奪われた光一ファンもたくさんいらっしゃるのだと思うと、、。



昨日発売された東京中日スポーツの光速コーナーの記事で
2月の後半に足首の靭帯を部分断裂していたのだという事を
さらっと、、何でも無い事のように告白している光ちゃん。

ネットで知れ渡っている事はきっと知らされているだろうから
敢えて触れてくれたのだと思います。
日常の生活を送るにも辛い怪我ですよね、、、どう考えても、、。
それを、、、

「なんてことない。、、、みんな色々抱えていますよ。俺だけじゃなく、、、」と
言える人、、、なんですよね、、、。


2/25の公演を観た後、私自身も日記の中で書いていますが
多少の変更はあれど、そんな大怪我をしているなんて
全くわからない完璧に美しいダンスを見せてくれた光ちゃん。

長い事ファンでいるけれど
一体この人の強さはどこから来るのだろうかと
友人同士で語りだすと、それこそ答えの見つからない迷宮語りのように
なります。
痛みというのは、精神力だけで抑えられる次元の問題では
ないと思うの。
それなのに、、、なぜ?どうして???いつもそこで話がぐるぐると、、。


光ちゃんにとって
身体的な辛さ、、、痛み、、苦しさよりも
演じる事を奪われる事
表現する場所を奪われる事、、の方が
ずっとずっと辛い事なのでしょうね。


だからこそ
彼は軽々と超えていくのでしょうね。
色んなことを。


話が反れてしまいましたが、、、
明日はどんな日が来るのかわからない時代だからこそ
私は、堂本光一さんという人を見つめていたい。
ずっと応援していきたい、、と改めて想う、、、そんな震災の日でした。


彼を応援し、彼に会うことを、大切な幸せの形だと
思って
これからも私なりに前進し、生きていこう。努力していこう。


ひとりひとりの、ちっぽけだけれど、前向きな気持ちこそが
大切なのでは、、と思う私です。


前回の記事にたくさんのたくさんの拍手ありがとうございましたm(_ _)m
今日のこの記事を書き上げると
ますます「どうでもいいや、、、」とも思える、、、(-д-;)のですが
そういう日常のちっさい事に一喜一憂するのも
人間なのだ、、と変な開き直りをみせる私です。



拍手コメントのお返事



みゃあ~様


拍手コメントありがとうございます。
読まない。
はい、、、その選択は賢明だと私も思います。
どうせ理解不能なのだし、、、腹が立つだけだから、、。
でも読んじゃう、、、そして腹が、、、笑。
駄目ですねぇ。
みゃあ~さんの「一人カラオケ大会」に爆笑した私です。
いろいろと、、、いろいろと、、、
どう考えても君、、、ソロになった方がいいよ??と
思える方ですよね、、。
これからも遊びにいらしてくださいね♪




みーこ様


拍手コメントありがとうございました。
身に余る光栄、、なお言葉、、本当にありがとうございますm(_ _)m
光一座長の真摯な姿を見つめていたら、、、
本当は「どうでもいいや。あんな戯言、、」そう思える自分も
正直いるのですが、、
相反するように「あの座長の横にいるのが、、こんな人、、、」と
思うとヽ(`д´)ノヽ(`д´)ノと腹が立って仕方の無い
自分もいて、、。
修行が足りないと言われればその通りなのですが、、
これからも一緒に一喜一憂していきましょう、、、(>_<)
また遊びにいらしてくださいね♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

『光ちゃんにとって
身体的な辛さ、、、痛み、、苦しさよりも
演じる事を奪われる事
表現する場所を奪われる事、、の方が
ずっとずっと辛い事なのでしょうね。』

その通りだと思いました。
本当の意味で、心の強い人なんでしょうね。

この一年、光一君とSHOCKという作品を通し、
考えさせられたことは、本当にたくさんありました。
つらく悲しい思いも、これからはきっと報われる。
この先もずっと、たぶん一生、
光一君の生き様を追いかけていくことを確信している私です(*^_^*)

柊子さま

コメントありがとうございます!

本当に強い人、、、
そうですね。

ずっと追いかけて生きたいと思う気持ちは
SHOCKを見るたび、強くなるような気がします。

彼は言葉で雄弁に語らずとも
あの演じる姿で、私たちに
色んな事を語りかけてくれているような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。