スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戒もこめつつ

ファンの思いや願いは様々で。
何かあるたび
こうして欲しかった。
ああしてくれたら、、。
そういう事は言わない方がいい。
言ってくれて良かった。
はては
前髪切れだの
ドーラン黒すぎだの、、、笑。


光ちゃんがよくいう
「めんどくせぇぇぇぇ」って言葉が
聞こえてくるようだ。

もちろん自分も例外とは思ってないけれどね。
私だって、光ちゃんに対する望みや願いはたくさんあるし。
友人同士で話す時は、それこそくだらない事ばかり
言い合っている。

でも、とりあえず(ネット上では)
自分が実際見たわけではない事柄や
マイナスに捕らえて
アンチが格好のえさにしそうな事は
おおげさに声を上げないほうがいいんだろうなぁとは思っている。

今までもネット上で物議をかもした一件は色々あった。
そのたび感じること。
なぜ光ちゃんに怒りが向くんだろうって事。
怒りとまではいかなくても、
自分の思い通りに動いてくれなかった光ちゃんに対して
不満を向ける人がいることに
びっくりする。

ネットは便利なツールだ。
今、この一瞬感じた自分の思いを全世界に発信できてしまう。
時間がたてば、怒りもおさまり
「そうか、、もしかしたら何か裏の事情があったのかも、、、」
そんな風に考えられる心の余裕も持たないまま
言葉をぶちまけられる。
たった一人の思いも、まるで光一ファンの総意のように
その言葉が独り歩きしたり
アンチのえさになってしまうこともあるという事を
自覚しないといけないなぁと。

今までの光ちゃん見てきたんなら
もう少し考えてみようよ。

あんな素晴らしい舞台を見て
たった一言、二言のアドリブについて
延々文句を言い続ける事のくだらなさを。

自戒をこめて。


追記

そして一番声を大にして
言いたかったことは
光ちゃんは光ちゃんの思うように
したらいいよ~と。


ま、私なんかが言わなくても
堂本光一さんは、そういう人なんですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

一息ついてかからだよね。

光ちゃんに対して、光ちゃんファンが怒りを向ける・・・うん。前にもあったよね。理不尽だなって思った。自分の思い描いている光一像。その中の光ちゃんはこうじゃない!どうしてそうなるの?って責める。
でも、違う光一像を持ってる沢山の人がいる事を少し冷静になって考えてよねって思う。それと、ネットなんかで、だと思う~で、真実が分からない状態なのに、勝手に想像して話を作ってしまうのは絶対やめて欲しい。捏造になるから。それはあちらのファンがお得意としてる事だもん。所詮、光ちゃんの思いは、私達には計り知れないんだから。今回の流れを見てて、光ちゃんの何を見てきたの?ほんの些細な事で手のひら返すのか?って。それも個人の勝手だけど、後で真実が分かって、自分の思ってた事と違ってたら?それで傷ついたり、嫌な気分になった人も居るよって。まさにアンチとディープなファンは紙一重だよね。もし光ちゃんの事で受け入れられない事が起こったら・・自分なら黙って暫く去る。他の人を嫌な気分にはしたくないから。友達には愚痴るけど。笑。

No title

私も書いている人間なので、
言葉を表に出す重大さ、責任の有無はいつも感じています。
とりわけ、自分で見た場所でのことでないなら尚更になります。
そうなればもう言葉を出してはいけないんでしょうね、本当は。
思い通りでなければ愚痴は出て当然。
同意する人の間でだけならいいけれど、
思ってもない人間にまで知らせるのは、暴力的ですよね。
職人さまの言われる通り、
まさしくアンチとディープは紙一重。
どちらがどう言葉を出しても、必ずそこに食いつく人間が出現し、
どんどんありえない話に広がっていく。
ネットの怖いところですよね。
私も気を付けないといけないんだけどなぁ(~_~;)

職人さま

素晴らしいコメント本当にありがとうございました。
まさしく「それよ!それ!!私の言いたかった事は!!」と
叫んでしまいました。

でも、違う光一像を持ってる沢山の人がいる事を少し冷静になって考えてよねって思う。

全くです。
文章は、後から削除する事はできる。
でもそれを読んで傷ついてしまった人の心の傷は
削除できないんだもの、、、。
私自身も自戒してこれからも書いていかなきゃと
強く思いました。

柊子さま

コメントありがとうございます。
柊子さましかり職人さましかり
みなさん、私の言葉足らずな部分を
コメントで補ってくださる事に
いつも深く感謝しておりますm(_ _)m
これからも、お互いブログ運営
気をつけていかなきゃですね~。
これはどうよ、、、って時は
アドバイスくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。