スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな光ちゃんが大好き!

ファンのあり方という記事を書く前に
ツイッターの方でも同じような事を呟き続けたところ
総スカンを食うだろうと覚悟して
書いたのに
予想もしない方々の多くの共感を頂くことができた上に
書いて下さってありがとう、、とまで
言って頂きとても感激しました。
もちろん、そうは思わないというご意見もあり。


でもとにかく感じた事は
意見の相違はあれど、みんな「堂本光一」という
キラ星さんの事が
大好きで大好きでたまらないんだなぁという
温かいものでした。


以下は反対意見をくださった
みほさんへのお返事です。


ツイッターの方からいらしたという事なので
それならば、私が「自分が正しい」とは思わないが
もう少し冷静に考えてみたい、、。
同じ光一ファンを批判するつもりはないと
再三書いていたものも
読んで頂けているのでしょうか?
それを読んでくださった上でのご意見なのでしたら
私にはもう何も言えないかな、、。

ご自分が正しいと思ってしていらっしゃる行動なのでしたら
どうぞこれからもおやりになったらいかがでしょうか?

あ、違うか、、、
これからもやるからね!!という宣言なのでしょうから
私がどうぞと言わなくてもいい事ですね(汗)


ただ、、、、、申し訳ないけれど、そのTV局の対応は
言葉のやりとりとしては(光一ファンの私たちからしたら
腸の煮えくり返るものなのは同感ですし、電話をなさった方の
悔しい気持ちも良く理解できます)が
内容としてはそういう風に言われるだろうと予想通りの答えなのですが、、、。
どうでしょうか?
TV局側からしたら「タレントを使っている立場のうちに何を言うのか。
文句なら事務所に言え」というのはどこの局でも同じでは?
あまりに長い年月一緒に仕事をしている、かのPですが
(私も苦手です)
彼は光一さんのお友達でないのですから。


それから、私にも何か行動を起こしてみたらどうですか?というお言葉ですが
私なりに考え行動はしていますよ?
それをいちいち報告しようとは思わないだけです。


それから、こことっても大事だと思うのですが
もし何も行動を起こしていない人がいたとしても
それが光一ファン失格かと言われたら
私はそうは思わない。

逆に、嫌な思いまでして抗議をしても
それが正しい光一ファンかと言われれば
私はそうは思わないんです。申し訳ないけれど。


きっとみほさんも、光ちゃんを大好きで大好きで仕方ない方なのでしょうね。
そういう意味では、力強い仲間だと、私は思っています。

だって、これからも光ちゃんを支えていくのは、そういう全国の光一ファンだし


唯一絶対に間違っていない応援の方法は
彼の作品を愛し、
彼の作品にお金を払う事ではないでしょうか(ここ大事)
一番わかりやすく、はっきり数字に表れるファンの意思表示ですよね!



んな事、言われなくてもわかってるわい!!って言わないで~(>_<)


拍手コメントのお返事

さちこ様
いつも温かい言葉を下さりありがとうございます。
嬉しく読ませて頂きました。
我らが光ちゃんがあんまり素敵すぎるから、、、
ついついファンである
私たちも右往左往しちゃいますよね。
光ちゃんに何をすべきか、、、。
もしかしたら、何もしなくても
いいのも。
ただ「光ちゃんが大好き」と思い続ける事だけで
いいのかもしれませんね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

そうですよね。みんな光ちゃんの為を思って行動してるだけ。その方法も千差万別。どれも責められる事じゃないですよね。でもね、TV局としては、タレントなんて星の数程いるし、同じジャニーズのタレントも大勢いる。代わりのタレントは簡単に見つかるんだぞ!って立場なんですよね。無理しても出たいタレント百ほどいるのに!って思ってるでしょう。企業も同じ。でもでも事務所は違う。タレントを事務所が守らないでどうする!光ちゃんは事務所の宝なんだぞ!!それはいつも思う事。私も光ちゃんを自分の方法で応援するし、ソロ活動を支えて行きたいです。

ゆずさま
昨日博多座で光ちゃんの姿を見ることで、
彼を想うこと、支えることという意味のあり方、
どこに自分の思いを投げればいいんだろう…と少しの戸惑いがありました。
同じファンでも声を出す場所にバラつきは生まれるし、
求める言葉も違ってくる。
けれど、絶対同じ思いがある場所とは、必ず彼の作品の中にあるわけですから。
そこで数字を生み、結果を生むこと。
好きという形のないものを、
数字という目に見える絶対的なものにしていくことが、
単純ですが一番確実なのだと、
ゆずさんの言葉から改めて感じました。
ネットもせず、今の彼の言動を追うことなく、
作品のみを愛し、とりこになっているファンの方だっているんですもの。
その方々だって、間違いなく光ちゃんの追い風になっているのです。
作品を愛する。
それこそが、一番光ちゃんの笑顔を生むことでしょう。
そしてそこから、数字や結果として残れば、
それがファンの思いとして、必ず彼に届くと信じています。
正しい、間違っているは思う人それぞれ。
ゆずさんの言葉、私は賛同します。

柊子さま

コメントありがとうございます。
結局何が正しいかなんて最後まで結論は出ないんでしょうね。
でもこうして色々と考え悩む事も
無駄にはならないと私は思っています。
いつも温かく素敵な言葉をありがとうございます!

職人さま

コメントありがとうございます。
私の言葉の足りない部分を補って頂いたようなコメント
感謝でございますm(_ _)m
みんなの一番大切な思いは
「光ちゃんという宝物のような存在を守りたい」
それに尽きるのかもね。
そしてそう思っている私たちは
光ちゃんの作品に触れる事でまた彼から宝物を
もらえる、、、素敵だね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。