スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼が紡ぎだす言葉

BEST STAGEの光ちゃんの言葉を改めて読み返してみました。
この人の言葉は、なんて真摯なのだろうと、いつも思う。
そしてずっと年下の、、、世間的にはアイドルという認識しか
持たれていない彼の言葉が
どんなに素敵で心に響くものなのかと改めて感動し
この人のこの素晴らしさをもっともっとたくさんの人に知ってもらいたいのになぁと
改めて思ってみたり、、
この素敵な人のファンである自分を誇らしく思ったり、、、
そして
こういう人だから
また更に好き度が増すのよねぇと、、。

光ちゃんの言葉は、行動が伴い
彼自身の生き様により、その言葉が裏付けられているから
深いし重いのだ。
多くは語らないし、けして雄弁ではないけれど
常に変わらない頑固とも言える、彼の信じる道があり、、
ずいぶん長いこと応援してきたけれど
彼の語る言葉は昔からあまり変わらない。
自分に厳しく、仕事へのこだわりや熱さは相変わらずだ。

その中で、切なかった言葉がある
ジャニーさんが、SHOCKという作品は役者が変わったとしても、、、という
言葉をメディアにむけて語った事があり
その時にくそっ~と思った。絶対に変えられないようにしてやる。
(後輩に継承するのはいい、、、でも)やれるもんなら、やってみなさいという
自信はもっていたかったと。
以前発売されたSHOCKのDVDの中の「Histry of SHOCK」の解説の中でも
確かこの言葉を言っていましたよね。
やれるものなら、やってみなさいと。


光ちゃんの中の負けん気魂は、大人になり座長としての姿も板についた
今でも、息づいていて
後輩を育て、カンパニーの一員として優しく見守り、共にSHOCKを演じてきた、、
それでも
座長として、ひとりの人間として、男として
それとは別の場所で
けして負けたくない。誰にも負けないという気持ちが彼自身を支えてきているのだなぁと
ちょっと、昔の、、、光ちゃんを思い出してしまった私です。

ここ最近の光ちゃんは、色々な面で自信をもてるようになったのか
大人の余裕が漂っていて、そこが更に素敵になった理由のひとつかしら、、などと
思っていた。

以前は(、、と言っても、どのくらい前だろう、、、もう10年くらい前なのかなぁ、、、笑)
結構顔に出ていたあの負けん気、、というか
勝気な王子さまというか、、。
そこが魅力でもあったけれど、反面、私たちファンの知らないところで
2人組という事で、いろんな事を比較され、、、優劣をつけられ、、、
はっきり目の前で口に出して言われたりしたこともあったのだろうなぁと
切なくなったりもしたのだ。

でも、光ちゃんの負けん気や、ライバル心は、常に自分自身へ向けられるもの
なのだろうなぁと改めて感じる。

言い訳して他者を落としたり
勝ちを譲るふりをして逃げたりしない。
常に、次のステップに進むために。己に勝つために。

またその後に続く、正解への道はひとつではない。
全力でぶつかれば、後悔はしないし、自分の信じた道を進めば
また違った正解の道も開ける、、。
そして近道をしない生き方を選びたいという言葉。

こういう人だから、私たちファンは、魅かれ続けているのだろうなぁと、、。

姿かたちだけではない、彼のこの思いや考え方に
どうしようもなく魅かれるのだなぁと
思う夜なのでした。

早くSHOCKが観たいなぁ。
コウイチに会いたいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ゆずさま
わかるわかる!
見出しになるような大きな言葉以外にも、
彼の何気に吐いた些細な言葉に、これまでもどれほど感動してきたことか!
そしてその言葉の一つ一つが、まったく一人歩きすることなく、
いつもきちんと彼の行動に伴っているんですよね。
なかなかこんな人、探しもいませんよ。
我らが王子は、ちゃんと地に足つけて生きているんだなぁと誇りに感じます。
さっき、ふと昔の拓郎さんから寄せられたコメントを再確認してみたら、
光ちゃんのことを「闘う王子」と評されたのは、もう10年も前のこと!
それから少しも変わることなく、
光ちゃんはずっと闘い続けてきたのだと思うと、感慨深いものがあります。
まぁ、小学生ネタも相変わらずですけどね(笑)
そんな光ちゃんに惹かれっぱなしです。

柊子さま
コメントありがとうございます。
素敵な言葉たくさんありますよね。
彼の言葉にたくさん励まされ
勇気をもらい頑張ろうと前向きに
させてもらっています。
かと思うと、昨日の兄弟の
おいなり発言とかねぇ、、、笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。