スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使を好きでいるために

昨日は言葉が出てきませんでした、、。
まさに絶句、、。

なので恥ずかしながら、、
今更、、

光一さん、SHOCKカンパニー
帝国劇場千穐楽おめでとうございました!



昨日からずっとずっと考え続けています
私たちが大好きな光一さんという人のこと。

私は彼がSHOCKという舞台に立つ前から
彼のことが大好きで。

SHOCKの座長じゃない光一さんの色んなお顔も
全て大好きだ

ソロアーティストとしての光一さん
役者としての光一さん
バラエティの光一さん、、、etc

そしてそしてキンキキッズの光一さんも大好きだ
キンキの活動には言いたい事は山ほど
あるし、、前向きに続けて欲しいとは
願っていないとしても
それでも堂本光一さんには変わりないから
やっぱりそこの彼も大好きだとはっきり言える

どんな光一さんも大好きな私だから

逆に、、どの光一さんが一番好き??と聞かれると
悩んでしまうのだけれど、、


SHOCKという舞台に全身全霊をかけている
座長堂本光一を
目の当たりにしたら

はい。黙って応援していきます。
あなたが演じ続けるのであれば。

そう答えるしかないと思っています。

2014SHOCKの光一さんも
本当に素晴らしかった、、

毎年これ以上の進化はないだろうと思っていても
軽く超えてくる座長だけれど
今年のラストCONTINUEは
光ちゃんファンなら
並々ならぬ感動を覚える変更点だったのでは
ないでしょうか

物語の大筋は変えずに
それでも毎年少しずつ改良を重ね
甘いようで手厳しいリピーターを
また満足させる。

もちろん明らかな変更点だけではなく。
同じ場面、同じダンス、同じ曲だとしても
歌い方や、演じ方、、、ダンスの表情が
進化していたりして、、
そこにも深い感動を覚えたり、、。

本当に凄い人だと思うの、、、。


そして、、、千穐楽、、
昨日の告白も。
光ちゃんは本当は言いたくなかったんだろうなぁ、、。

ツイッターが盛んになった今、、
仕方ない事なのかもしれないけれど、、

今年のSHOCKが始まってからも

咳が、、、とか
テーピングが、、、とか

そういうレポを多く目にしてきました

自分でチケットを買って入っている舞台なのですから
感想は人の自由だし
そこが気になるのは
ファンなら理解できます

それでも、、、
あの、、、ほとばしる炎のような舞台を見て、、
その感想しかないんかい、、、、
なんて残念な、、、感想、、
正直そう思って見ていました

いや、わかるんですよ
ファンだもん

えっ、、光ちゃん、、、咳?

テーピングに至っては
光ちゃんはジャングルの場面で
はっきり客席にも見えてしまうからなのか
今までそういうレポを目にした
記憶もなかったので
お友達とも裏で騒然としていました。

でもね、、でもね、、、
何回、SHOCK見てきたの?

確かに何度も繰り返し見ているファンには
気づいてしまう場面もあったし
誰かが言いだすと、そこにばかり
注意して見てしまうから余計気づくと言う
悪循環で。

でも、、(今回光一さんが口にしてくれたおかげで
理由がわかり、、逆に愕然としたんですが)
そんな状態でも
私が見た数少ない公演も
全て素晴らしい唯一無二の一公演だったと
言えるし
きっと皆さんもそうだと思うんです

辛い中の歌だって
2月に見た時より
苦しさが増しているはずの3月の方が
歌い方に変化をつけ
更に良くなっていてびっくりしたんだもん

もういい加減覚悟しないといけないんだよね、、
だって、、あんなにも過酷な舞台
他に無いんだもの
そしてその上に例を見ない公演数の多さと来ている。

何もなく無事に、、、なんて
多分これからも
無いと思うんだ

これ自分にも言い聞かせてるんですけどね

私たち光一ファンは、彼が座長という立場に立ってから
ずいぶん長い事、その姿を見てきているから。

カンパニーを率いるために
ただ黙って
自分が一番苦しい立場に率先して立ち
背中を見せて引っ張っている
上に立つ人として理想的な彼の
姿をあまりにも見続けてきたから

ちょっと忘れちゃってるでしょ??

光ちゃんが、超負けず嫌いさんだって事!!!

思い出してみて
まだ彼が10代だった頃。
おでこに「ぜってぇ負けねぇ」って書いてあるんじゃないかって
くらい
負けん気丸出しの顔して
立っていた王子様を

過酷な舞台中に
光ちゃん自らがネットを見るなんて
これっぽっちも思ってないけど
でも彼の言動を見ていると
チェックしているスタッフはいるようだ

だからファンが騒いでいる事も全て耳に入っているんだろう


キンキキッズのもう一人の人が
心の病だと自己申告していた頃
そのファンの人たちが
ライブ中にどんな酷い態度の彼を見ても
頑張ってくれてるんだから
いいのっ
可哀想に、、辛いだろうにっ、、
そういう過保護なママみたいなファンを横目で見て
やだやだ、、あーやだ、、
そう思っていたはずなのに。

大好きな人の人間性は180度正反対なのに
結局ファンの気質ってそういうもの
なのだろうか

ファンが心配したって
何の助けにもならないし

今回の騒ぎを見ていると

わかっていても黙っている強さを
ファンも持たないと

光一さんを余計辛い立場に追い込んでしまうんじゃないだろうか、、
そんな気がしてならないんです

35歳の光一さんが、どんなに大人で
素晴らしい座長だとしても
彼の心の奥底には
「ぜってぇ負けねぇ!!」な光ちゃんも
健在だと思うんだよね

そのぜってぇ負けねぇな光ちゃんが
ファンの騒ぐ声を聞いたら
どう思うか、、、
ちょっと考えてみたの

あああ、、、、、


私たちがもうちょっと強くなって
見えてるけど
見えないふりができて

聞こえてても聞こえないふりもできたら

光ちゃんも
「おっ。気づいてないやん。へへへ」って
ちょっと安心できるんじゃないのかなぁ

黙って演じ続けようとするだろうし
もう少し何とかなったんじゃないか、、
そんな気がするのは
私だけじゃないはず

、、、とは言っても
ここ数年ツイッターを見ていても
同じ堂本光一さんファンでも
考え方は千差万別だし

そのうえ、SHOCKを見に来るファンの中には
何とか委員さんという
SHOCKのせいで
キンキの活動がままならないのよぉぉぉという
おっそろしい勘違い思い違い見当違いを
正しいと信じているくせに
何度も帝劇に来るという理解不能な人種も多数いるわけだし、、

きっとそういうレポをし続ける人は
減らないんだろう


今年も初見の方の感動いっぱいのツイートが
山のようにありましたね

初見の方は、多少の咳や喉の不調など
軽く凌駕してしまう感動に
絶賛の言葉を何度も呟いていたし、、

彼らの感動の言葉は
SHOCKを大好きなあまり
観過ぎて逆に麻痺している部分もある
私たちリピーターにも
新たな感動を与えてくれるものでもありました

ここ数年、舞台舞台舞台な感のある芸能界。
私も最近知ったのですが
都心で大人気の舞台であっても
地方で興行する時は
ひと月公演で劇場を借りても
公演数は本当に数公演で、、
しかもその数公演をいっぱいにするのも
大変なんだそうですよ

それが、、我らがSHOCKを見てくださいよ
この、、、頭おかしいんじゃないの?っていう公演数

それが全て即日完売になってしまうんですよ、、、
立ち見まで出てしまう恐ろしさですしね

そりゃ博多座も梅芸も、、、
来て来て来て来て絶対来てぇぇぇぇ!!!
そうなりますよ、、

12か月しかない1年のうち
博多座さんにも義理を立て
梅芸さんにも義理を立てたら
本家帝国劇場でふた月、、、
そうなってしまうのは
仕方ないのだろう

よく、、光一自身が自分で決めたんだから!!
と偉そうな図書委員さんを見かけますが、、

どの劇場からも「ぜひにっ」と望まれるのは
舞台人堂本光一として
これ以上の幸福はないだろうと思えるし

最終的には光一さんが「やります」と
承諾したのかもしれない。

それでも、そんな簡単なものではないんだろうな。
そういう立場に追い込まれてしまう事も
あるんだろうなという想像力は
働かないのかなぁ、、、


2011年、、、あの未曾有の震災が起こる前の2月、、
珍しく少しばかり弱気な光一さんがいた事を
皆さんも覚えてらっしゃるはず、、

でも、、あの震災は
多くの日本人の心に

いつ果てるかもしれない今日の命だから、、
一日一日を大切に生きよう、、

そういう気持ちを芽生えさせた、、

光ちゃんもあの日を境に
変わったように感じています

元々、何事にも努力精進する人だったし
その前から座長として素晴らしい人ではあったけれど、、
それでも光ちゃんだって人間ですしね


本当は、、言いたい事もあるし

もっと楽して生きて欲しい、、、
違う幸せも見つけて欲しい、、、

そんな風に思ってしまうけれど

それもおこがましいファンのお節介でしかないんだよね

光ちゃんの背中には本当に
羽根がはえているのかもしれない

今、同じ時代を生きて
彼のステージを見ていられる幸せも
奇跡なのかもしれない

そう思ったら、、
やっぱり黙って見守る勇気が一番必要なのかも、、
そんな風に思う私です

光ちゃん、、、少しはお休みできているのかなぁ、、

今、光ちゃんが笑顔ならいいなぁ、、


追記・ここまで書いて自分の前回更新分を
ちらっと読んでみたら、私って本当に
自分を棚に上げて「一言申す」な人間で
自分でもうんざりしました←
というかここ最近色々自己嫌悪でして、、

お前が言うな
お前が言えるのか

なのは、実は重々自覚しております。
でも私の存在価値って
お前が言うな。
されど言いたい的な所にしか無い気がするので
敢えてアップしてみました。
えへへ←←


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。