スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えの出ない答え

昨日から努めて冷静に、、、冷静に、、、と
心を落ち着かせて考えようとしている。
痛い人にならないように
ただの妄想家にならないように

8月27日の収録日については
だいぶ前にフォロワーさんから
教えてもらっていた。

やっぱりね、、、
来ましたね、、、
なんだかあまりにも想定内過ぎて
怒りを通り越して笑えてきた。

初の大阪公演を間近にして
もう大阪入りしている時期だろうにと。
それでも、9月はまさか
無いよね、、、まさかね、、、
そう思いたい自分がいた。

光ちゃんのスケジュールが比較的
緩やかに見えた7、8月
(とは言っても裏のお仕事は
ファンには見えてこないから
光ちゃんが本当に忙しくなかったか
どうかはわかりえない事ではありますが)

なぜか行われない収録
番組お休みや、総集編が相次いでいた
(色んな黒い話は耳に入ってきますが
今日は書きません)

そして昨夜のメール。

暗澹としてしまった。
まさか、、とは思っていたけれど
本当にまたこうなんだと。

プロデューサー云々より
私は、どう考えてもやっぱり
事務所に対して怒りを覚える

事務所がNOといえば
そうなるだろうと思うから

初の地方公演であり
初の博多座公演だった
2012年1月もそうだった

そして今年の博多座公演中も

光一ファンがこの件を
嘆いていると
「他のジャニタレだってそれくらい
やってる。ハードスケなんて当たり前。
何甘えた事言ってるんだか」という声を
目にする。

確かにそうだろう。
光ちゃんだって以前はそうだった。
ドラマに海外コンに
バラエティに、、、と
彼は必死に頑張っていた。
そんなの見ています。知ってます。

でも、、、Endless SHOCKほど
ハードな舞台って他にあるんですかね?
しかも代役のいない単独主演舞台ですよ。
そして4ヶ月もの長期間演じ続けるのですよ。

今、手元にある過去の新聞記事でも

2008.1.25読売
3時間近くに及ぶ舞台で、息を切らすことなく
体を、声帯を酷使する力の源泉は
ショーへの堅固な意思にほかならない。
そうでなければ(中略)
過酷で危険な舞台に挑めるわけがない。

2009.2.19(中村義裕氏の記事)
2ヵ月で76ステージをこなすというのは
尋常のスケジュールではない。

2013.3.22読売
ワイヤで空中を移動するフライングや
殺陣など膨大な運動量を要する

2013.3.22サンケイ
体力、気力がいるハードな舞台だけに
1000回への道のりは楽なものではなかった。

2013.3.22東京中日スポーツ
演劇界でも類を見ないハードな内容ながら
2000年の初演から12年5ヶ月という
史上最速の大台到達となった。

2013.3.27朝日
ジャッキー・チェンが「スタントは使わないの」と
尋ねたほど負担は大きい。

記事の内容はこれだけじゃないけれど
とりあえず、どんなに過酷かを
書いた部分だけを
一般誌から抜粋してみた。
これ以外にも、ブログで
こんなハードな舞台を長期間単独主演
し続ける光ちゃんのメンタルの強さを
感嘆の言葉で表している記者さんなんかも
いらっしゃったし
2013.3.14にNHKで放送された中では
NHKアナウンサーの大越健介さんが
「ひと言で言うと、、命がけなんだな、、と思った」と
おっしゃっている。

それこそ演劇雑誌を引っ張れば
もっと膨大に
そういう言葉は見つかるのでしょうが。

そして
単純に2012年だけ取り上げてみても
博多座公演1ヶ月
帝国劇場3ヵ月公演
計139公演

(この年にも博多座から飛行機で
戻り収録がありました。
CMの会見なんかもありましたね)

今年も
帝国劇場2ヵ月
博多座公演1ヶ月
大阪梅田芸術劇場1ヶ月
計140公演

(帝劇2ヵ月公演後、風邪?のため
体調が悪く
喉の調子が戻らない状態であったにも
関わらず
4月の博多座公演中もやはり収録がありました)

この全てのチケットが即日完売しています。

単独主演公演で
チケットが即日完売している舞台で
類を見ない過酷な舞台で

普通に考えて、テレビ収録のために
休演日に飛行機に乗り
東京まで戻り
番組の収録を行うというスケジュールは
無謀ではないのでしょうか?
これが普通なのでしょうか?

何か事故があったら?
戻れない何かがあったら?

もし舞台の幕が開かないなんて事になったら
莫大な損失が発生すると思うのですが
その辺、企業として
事務所はどういう風に考えているのだろうか。

何かあったら堂本光一の自己管理能力の低さを
責めるのだろうか。
責められるのは光ちゃんだけなのだろうか。
そんな気がしてならない。

史上4人目という単独主演記録も
あの事務所にとっては
何の意味もなさないという事なのだろうか。

事務所をあげて、大切に守っていく
記録であり
舞台なのではないのだろうかと
思うのだけれど
事務所が守りたいのは
どうやらそっちではないようだ。

2012年の初の博多座公演中の
収録以後
光一ファンは訴え続けてきたはず。
どうか、それだけはやめて欲しいと。

それも叶わない。

どうしたらいいんだろうと
昨日から落ち込むばかりだ。
何かができるとは
初めから思ってはいなかったけれど
それでも、声はいつか届くのではないかと
思っていた。

良い風も吹いてきたんじゃないかと
思っていた。

私的には、ソロものの宣伝が足りないとか
もっとソロものを発売して欲しいとか
もっとテレビに出て欲しいとか、、

たくさんの願いの中でも
一番叶って欲しい
一番届いて欲しい願いだった。

そして、一番全うで当たり前の
配慮だと思っていた。

それが届かないのかと。

今も立ち上がれない。
体全体が真っ黒になってしまうくらい
腹立たしい。
仲の良い友たちと
何で?何で?何でなの??
昨夜から言い合っても答えなんか
出るはずもない。

表で言っていい事と
悪い事があるから
私が書けるのはこんな事くらいしかない。
光一ファンなら
誰でも思う事。わかっている事。

それでも
やっぱり声を届ける事を諦めちゃいけないんだよねと
友と。

足で踏みつけられようと
要望は出そう。
絶対諦めない。

そして光ちゃんを大切に思い続けること。
応援し続けること。


今、全力投球しておけば、きっと何かに
つながっていくって信じるしかない、、という
光ちゃん、、

カンパニー全員が舞台のために頑張っているから
俺もみんなの為に頑張ろうと思える、、
そうも言っていた光ちゃん、、

だったらファンも頑張るしかないんだろう。

苦しいのも
辛いのも
光ちゃんなんだもの。

それから目を反らして落ち込んでいては
いけないんだ。


今、私が出せる答えってそのくらいしかない、、、。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
力強い更新、読んでいてゆずさんのパワーを感じました。
微力ではありますが、私も自分の場所で声を上げてきました。
この声が届くはず!とはなかなか思うことはできないけれど、
でも、誰かしらの目に触れることはできます。
「これって変だよ」って疑問を投げかけることも必要。
答えが出ることに期待はありませんが、
考えさせるきっかけにはなるかも…
そう思いながら、これからも自分の言葉を綴っていこうと思います。
これまで力をくれた光ちゃんのために、私達ができること。
これからも追い続けましょう!

柊子さま

柊子さま
いつも素敵なコメントありがとうございます。
私は柊子さまに触発され勇気を頂きブログをはじめましたので、、笑。
なんの力もない1ファンだけれど
それでも声を上げること大切ですよね。
一番大切な光一くんのことを
想い続けるためにも、、
間違った方向にいかないように
光一くんの力になる為にどうしたら良いのか
柊子さまはじめ素敵なお友達と一緒に
考えつつ進んでいきたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。