スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守りたい人を守るために

光ちゃんの現状を、何かがおかしいと思わない光一ファンって
いるのだろうか。


彼の仕事に対する真摯な姿勢は
まともな一般の企業にいたら
周囲からも可愛がられ
貴重な戦力として大切に育てられ
間違いなく出世頭として
先頭に立つ人だろう。

ちょっとシャイだし
人に媚びるようなタイプじゃないから
誤解を受けたりする事もあるかも、、
だけど、、
一緒に仕事をしていたら
すぐに気づくだろうし。

でも、悲しいかな彼の職場は
芸能界。
物凄く特殊な世界だ。

光ちゃんが長年心血を注いで
進化させてきたSHOCKを
色んな方々が高く評価している今。

ファンだけが感じる事ではない
あの舞台の凄さを
きちんと言葉にして
絶賛して下さっている媒体を
私たちは何度も何度も
見て聞いて読んでいる。

他のジャニタレさんたちを
落としたいわけではないけれど、、、、
それでも、どう贔屓目に見ても
光ちゃんほどの人気は無いだろうと
思える人たちでも、、、
コンスタントにドラマや映画、、バラエティ、、と
次から次へと
お仕事をしている人たちもいる。
ひと昔前なら、「光一みたいなヲタ人気じゃなく
一般人気もあるから使ってもらえるのよ!」
そう言い返されてる所かな。
でも、、一般人気ってなに?
視聴率に繋がるほどの一般人気のあるタレントなんて
今、どれだけいるの?
指折り数えるほどしかいないのが
現状じゃ?

今、大切にしなくちゃいけないのは
きちんと反響が起こるタレント。
何かを売れば、ある一定のファン層を持ち
確実に売れるタレント。
そうではないの?

光ちゃんがCMをすれば、こぞってそれを購入し
雑誌に載れば買う。
ライブや舞台のチケットを買う。
テレビに関しては反響の声をどんどん出す。
これ、、私たちって結構頑張ってきてますよね?


それじゃあ、一体なぜ?
答えは出ない。
だって私は一般人だもん。
わかるはずがない。
でも、おかしいだろ!!!
そこは痛いほど感じる。


噂レベルの話なら、それこそ
昔から山のように耳に入ってくる。
それを全て信じているわけでは
ないけれど
色んなところが繋がってきて、、
なんとなく「あ~、、」と
残念な結論に至ってしまう、、

大きなビジョンを持って
良いものを
質の高いものを
作り出せるスターを
輩出しようというより、、、

偉い人が、売りたいと思ったタレントを使う。

偉い人が使いやすいタレントを
売れるように
是が非でも売れていくように
大金を使って導く、、、。

宣伝しなくても
売れる人はほったらかし。

黙っていても努力を重ね
骨身を削って
仕事に立ち向かう人は
そのまま、頑張って
会社に利益だけ還元しなさいよ。
そんな感じ?


2012年版SHOCKが
四ヶ月公演だと発表された時は
愕然とした。

はぁ??
本気なの?
なんで??
光ちゃん死んじゃうよ、、、、
本気でそう思った。

それでも、、
震災で中止になってしまった事で
一度も観劇叶わず
悲しませたお客様を思う彼の気持ちが、、
エンターテイメントの力で
少しでも何かの役に立てたら、、、
笑顔を取り戻したい
勇気をもらって欲しい
そう思う光ちゃんの気持ちが
理解できたから

光ちゃん、、、頑張れ、、、
そう願い
公演の成功を祈るしか
術はなかった。

でも、、、
今年も
光ちゃんが挑む事になってしまった
SHOCK四ヶ月公演

これはどういう事なんだろうか。


もちろん光ちゃんの中の
SHOCKへの強い思いは
痛いほど感じるし
私たちファン自身も
何度も何度も観たいと
思うのも事実だ。

それでも

尋常じゃないと。

光ちゃんの身体のこと、、、
将来を見据えて、彼を大切な
タレントとして
守りたいと
本気で思ってくれているのだろうかと
首を傾げたくなる

光ちゃんは、望まれればやり遂げてしまう人。
でもね
人間って、そんなに単純な
生き物じゃないと思うの。

充実感、達成感を味わって
幸福を感じていても、、
疲労は蓄積されてゆく
身体的な疲労は
精神的なダメージをも
呼ぶ。
そのダメージは
本人も気づかぬうちに
どこかを蝕む。

偉業達成だと。
史上四人目の快挙だと。

それは確かに事実だし
ファンとして
光ちゃんを誇らしく思い
あの舞台の進化を見つめていきたいと
願う。

光ちゃんはSHOCKだけやってればいいの?
舞台でだけキラキラしていてくれればいいの?

ファンはそんな事誰も望んでいない。

恐らく光ちゃん自身だって
本音の部分ではそうじゃないだろうと思う。

ぽつっ、、ぽつっ、、と
言葉にも出してきているしね。

でも、何故だか叶わない現状。

周囲を見ても
私自身を見ても
要望は出している。希望は出している。
それでも叶わない。

私がツイッターを始めた動機は
「合作だけはなんとしても阻止したい」
そこだった。

右も左もわからないまま
始めてみた。

今も手探りなままの部分もあるにはある。

ツイッターの素晴らしいところは
例えば、光ちゃんの番組を見た
その感動をリアルタイムで
発信できるところ。
感謝の気持ちをそのまま媒体に
発信できるところ。
また、その番組を見た普段光ちゃんのファン層では
ない人たちの声を
すぐに拾えるところ。
ポジティブな部分では
これほど手軽で情報の早いものは
ないし、有効に活用したいと思っている。

けどね。
怖い部分もあることは自覚自戒しなくては。

私たちは長い事光ちゃんを見つめ続けてきている。
それと同じくらい
大嫌いなお隣の事も見つめ続けてきている。

たくさんのたくさんの小さな出来事が
積み重なって
私たちの気持ちは
出来上がった。

片や
10年以上も、同じ2人を見ていても
何もかもが180度違う
なんとか委員という人種がいる。

同じ言葉を聞き
同じ行動を見ても

思う事や感じる事は
真逆だ。

そして、、昨日私が呟いた言葉への
反論に
「一般の方にも気づいてもらって
それが広まれば、、、」とあった。

皆さんご経験ないのかな?
キンキの事も
光ちゃんの事も
お隣の事も
テレビでちょっと見るくらい、、という
認識の人に
長い歴史の中での
確執を説明する事の難しさを。

私はありますよ。
ちょっとした会話の流れで
今、思い出しても
イタタ、、、恥ずかしい、、、という
話をしてしまい
「へぇ、そうなんだぁ」とわかってくれたような顔で
ドン引きされた事。

私がもし、同じ事を
全く興味のないタレントで
されたら、多分同じ反応をしただろう。

いや、、、光ちゃんファンになって
ジャニーズ帝国の理不尽さに
腸が煮えくり返ってる今なら
そういう事もあるよね!!
芸能界ってそんな世界だよね!!
そう思ってあげられるかなぁ。
でも、昔だったら
「うわ。痛い人、、、」
それで終わりだったよね。

私たちが、これだけ
痛みを感じるのは
色んな事実を見て聞いて
きたのと同時に

真摯に生きる光ちゃんを
見つめてきているからこそ
なんですよ。

それを見てきていない人々に
何かをとくとくと語って聞かせても
一体どれだけ理解してくれると
いうのだろうか。

ましてや、、、
その理解していない人間が
攻撃的で過激なツイートを
目にして
どんな思いを抱くかなんて
冷静に考えたら
子供でもわかりそうな
ものなんだけれど、、。

過激に呟かなくたって
どう見ても
もうすぐ終わるでしょう。あの番組は。

でもあのテレビ局との関係は
芸能界で
お仕事をしている光ちゃんにとっては
ずっとずっとずっと続くのだ。


昨年も、私同じような事を
呟き、日記も書いた。
CMのお仕事を頂いた企業に
電話をしてどうなるのだろうかと。

企業側からしたら
ただただ「抗議がきた」という
イメージしか残らないのでは、、、?

使い辛い、、、
ファンがうるさい、、、
面倒くさい、、、

光ちゃんを助けたい
守ってあげたいという
気持ちから起こした行動が
果たしてどういう結果を
生んでいるのか
私たちは常に学んで
考えを新に
していかないと

このままだと
光ちゃんの居場所をどんどん
狭めていってしまうかもしれない。


最初に、私はあの事務所の理不尽さや
芸能界という場所の
不可解さも書いた。

ファンがお行儀良くしたからって
光ちゃんの今後が良くなるか
どうかも正直わからない。

でも、過激な行動を
取り続けることで
改善されていくなんて事も
ありえないって事は
冷静に考えれば
一目瞭然なのでは?

声を上げ続けることは大切だ。
口をつぐみましょう。
抗議はやめましょうと
言っているのではないの。

全てはやりかた。

ツイッターのように
ぱっと広まり
(例えば先日の帝劇楽の
トレンドに上げた時のように)
ポジティブな呟きは
これからもどんどんしていきたいし
広がって欲しいと思う。

光ちゃんの素晴らしさは
しつこいくらい
発信し続けていきたい。

私が一番嫌な事。

それは
「堂本光一」という名前が
攻撃的、過激な
言葉の中で
ひとり晒されているという事実。

私たちは
匿名という隠れ蓑の中で
怒りに任せた言葉を
ぱぱぱっと
数分で書き上げ
送信してしまえる。

でも光ちゃんは?
アイコンで微笑む光ちゃんは?

誰かを罵り非難する言葉と
一緒に
拡散される
堂本光一の名前と
笑顔のアイコン。

抗議された側は
どう受け止めるのかな。


歪んだ思いの
矛先が
どうかどうか光ちゃんに向かいませんように、、

たくさんの悲鳴が
辿りついた場所で
その矢面に立たされるのが
光一くんではありませんように、、、


昨年と全く同じ事が
繰り返される事になった
博多座中の収録。

最初にも書いた通り
現状が光一くんにとって
けして
良いものではない事は
ファンなら誰でも
感じて
憤っているのは同じ。

でも、怒りに任せて
感情を爆発させるだけでは
駄目なんだと思うの。

ツイッターでも聞かれました。

じゃあ、みにぶさんは
何が正しいと?
何が一番いい方法だと?

わからないです。
正解なんて
私にわかるわけない。
でも
不正解だよね、、、
これ駄目だよね、、
って事は、、、
感じる。

人が生きていく中で
理不尽な事なんて
山のようにある。
頑張ったから
全てが報われるなんて
幻想だ。

でも、人はどうにかして
良い方向に向かおうと
迷いながら
進み
また生きていくしかない。

小さな幸せを見つけて
それを大切にしていく事で
進む勇気もわく。

光ちゃんは、
みんなのその小さな幸せの
中で
キラキラ輝く大切な宝物なのよね。

だからこそ
ファンは(方向や考えは違えど)
必死になって
何とかならないかと
悩み続けているのよね。


私もね
正解がわからないばかりか
むしろ「お前もなっ!」と言われれば
ひれ伏して
はい。その通りでございます。と
土下座したいくらいなんですよ。

迷い悩み悲しみ憤り、、、
同じ道を歩んできたからこそ

どうなの??
もっといい方法見つけていこうよ??
光ちゃんのために、、、
そう問いかけたいだけなの。


私が今、唯一これだけは正解だよね?
これからもどんどんやって行きたいと
友人やフォロワーさんたちと
話している事は

ポジティブな言葉はガンガン発信していこう。
光一くんの本当の姿
素敵な部分をもっともっと
広めていこうよと
いうこと。

NHKさんのように
要望を引き上げてくれる場所には
お礼や感想どんどんね。

光ちゃんが載れば売れるという評判の
雑誌も良い媒体ですよね。


要望は引き続き事務所各位に
ガンガン書面で。
ただし要望、特に抗議は
言葉を選んで
上手に。
読んでもらえるように書かないといけないのよね。

事務所に送ったってゴミ箱にポイっかも
しれない。
それなら、そのゴミ箱が
捨てても捨てても山になるくらい
送ってさしあげればいいのではないだろうか。

そしてその努力と同じくらい
光ちゃんのソロものに
お金を使うこと。
(もちろん各自できる範囲で)


光ちゃんを想い続けること、、、



関連記事
スポンサーサイト

コメント

,,,,それでも光一さんを応援します。

毎度お邪魔しています。

あなたはたどり着いているじゃないですか!! 正論に。
事務所の、社会の理不尽さ、まして芸能界というグダグダした環境。
あなたは、マスコミ、芸能界という世界を信じてますか?
私は、全く信じていません、タレントの人格が突出していれば居るほど、いにくい場所と。
手をもみもにして、仕事をとる世界、そこを上手く、泳ぎきれる人、又はそこを突き抜けて大衆に評価される人、力も雲から上に出れば長く君臨できる世界。
光一さんは君臨できるまで行っているでしょうか、否定しているのではありません、光一さん自身がどこまで目標を持っているか私達にはわかりません。現在、表現されていることしかわかりません。
事務所が光一さんをどう評価して手を尽くすのか、分かりません。

光一さんファンは相当深くまで読みきれる人が多い様に思います、そして、曇のない感性、がゆえに社会の、事務所の理不尽さにイライラされているのがよ~くわかります。

ではどうすればいいのか、私は光一さんの人格全てを尊敬しています、感性の隅々まで、でも、表面上の一部を覗いて、そこはTさんとの宿命的出会い、でもこれはどうにもならないでしょう。

全てをひっくるめて光一さんは分かっていることと思います。

今もi Tunesから光一さんの音楽を聞きながらコメントを書いています。
上から目線でスミマセン、でも私は貴方様よりずーっと歳上なのでご了承を、、、、!!!
今後共、光一さんは、どこまで自分を表現しきれるかを考慮していると思います。そこを見守りたいと思っています。
それこそ光一さんがおっしゃる、ファンのかたの力、これが唯一の支えなのでは?

それに、宣伝しなくても光一さんの世界は認められるのです。
TVの世界、ある意味光一さんには生きにくいのでは、、、、と。
日本のTVは、世界に飛び出した俳優でも使わなくなります、
10代、20代全般を狙ったエンタメが多い、使いやすいタレントで十分なのですよ,そこをどう突き抜けるかは光一さん次第だと、もしくは事務所を変えるか、変えられますかね、秋山純くんも、米花さんも一芸に秀でているのにそこを捨てました、、、、そのへんにも通じて来るのでは、、、。


追記、Tのことなどは問題外です。彼はお笑いが大好きで、光一さんを、下手なお笑い扱いで悦に入っているに過ぎません、大した能力がないから光一ファンに嫌がられるのです。そういうのが好きなファンが居ることも事実ですから、無視が一番Tにはこたえるでしょう。そんなことで悩むのは無駄です。失礼致しました。私見です。今後も、楽しい光一語りを、、、、楽しみにしたいます。

MITSUKO 様

いつも素敵なご意見ありがとうございます。
そうかもしれない、、、。
どこかで「まともな論理」を期待してしまっているから
こんなにも理不尽を感じてしまうのかもしれないですね。
本当に特殊な世界ですものね。
真っ直ぐで美しい魂には生き難い場所なのかなぁ、、。
でも、あのオーラの泉での言葉「水を得た魚」という、、。
光一くんがこの世に生まれて彼の持つ才能を
大衆に披露する事って定められた事のように
思えるから、、、彼が生きやすいように、、
少しでも応援できたら、、と思います。
これからもご意見くださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。