スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endless SHOCK 2013 会見を見て 

待ち望んでいたSHOCKの会見。

いつものSHOCKの文字が赤から金に。
来年1000回を迎える事が
どんなに凄い事なのか、、、
を改めて感じる。

会見の光ちゃんの美しさに
息をのんだのは私だけじゃないはず。

舞台に命をかけてきた大女優への
真摯な言葉も
聞くことができ
本当に素敵な会見だった。

光ちゃんがどんな思いで彼女の死を
受け止めたのか。

壮絶な舞台人生を側で見つめて
きっと言葉で語られる事以上に
たくさんの事を教えられてきたんだろうなぁと。


そして来年始まるSHOCKへ
その思いを繋いでいくのだろうと
思うと
記念公演を迎える事以上に

その姿を絶対に
見届けなくちゃ!!

ファンも受け止めなくちゃ!!
そう強く感じた。


私たちファンは、誰よりも光ちゃんの事を
理解しているつもりで
評価しているつもりでいるけれど、、
実は一番見えていない部分、、、
もあるのかも、、と
考えたりする。

色んな想いがある。
過酷な舞台を想うと、素直に喜べなくなる部分もある。
どうして、、、?
なんで、、?と。
言葉が出そうになり、飲み込む事も多い。

光ちゃんが、舞台SHOCKを語る言葉の真摯さには
毎回胸を打たれ、また同時に胸を締め付けられるような
想いにもなる。

刹那的、、、と書いてしまうのは何となく違う気もして
嫌なのだけど
それでもやっぱりどこかでそう感じてしまうものが
光ちゃんにはあるのかなぁ、、。

ファンを長くやっている人ほど、SHOCKを深く愛しつつも
、、辛くて悲しくて仕方ないと思っている部分があるのは
そこに繋がるからなのだろうか。

08年の読売新聞の記事に

かつて取材で会った光一は
「僕はジャニーさんの夢を体現しているんです」と
静かに語った。
求道的な光一の志に息をのんだ記憶がある。

そう書いている記者がいる。


昨年のSHOCKを見た記者たちの記事を読んでも
皆一様に、そのプロ意識の高さ、、、
あの過酷な舞台を4ヶ月演じ続ける事が
並大抵の覚悟ではできない事への感銘を
驚きと共に記しているものも少なくなかった。


ファン同士で話をしていると
強い口調で、
もうやめて欲しい!!
もう辛くて観ていられない!!
そう語る人も多い。
その辛さは私も理解できるし
言いたい事はわかる、、

でも、、
あの会見の光ちゃんの
静かなまなざしを見たら、、、
静かな言葉を聞いたら

堂本光一のファンなら
辛くても
一緒に歩いていこうよ!!
光ちゃんの覚悟を
見届けていこうよ!!
そんな気持ちを新たにした
私なの。

こんな風に偉そうに書きながらも、、
きっとSHOCKが始まれば、、
毎日の色んな事に
うるうるいじいじして

光ちゃん、、、涙、、、って
なっている自分が目に浮かぶんだけどね(苦笑)

ここまで書いて
ふと思った。

SHOCKに対する光一ファンの
想いって
こんな文章で語りつくせるほど
浅いものではないのよね~、、と。
ここまで書いておいて(笑)
こんな事書いたって
みんなの想いの前では
へへんっ。何言ってんだーろいんステーキ
(最近光ちゃんもうこれ言わないねw)
な、ものよねぇと。
頑張って書いたのでアップしちゃうけど笑。

私たちファンは
光ちゃんのSHOCKを
大切に大切に思っている。
深く深く愛している。

ソロコンの方が好きーとか
ドラマやって欲しいーーとか
もっとテレビ出て欲しいーーとか
もちろん色んな願いや思いはあれど

それでもあの舞台への愛って
もしかしたら
光ちゃんにも負けないくらい深いものが
あるかも!!笑
なんて思ったり。
ね?皆様?

SHOCKの凄さ、、座長堂本光一の凄さは
その凄さが
けして押し付けがましくない所なのでは、、、とも思う。

舞台の上の光ちゃんは、この人本当に
天使なんじゃ?と毎回疑うほど
きらきらと自ら輝いていて
笑顔が美しくて
ダンスは軽やかで、
やっぱり「あ、背中に羽が見えますよ、、」な
気持ちになる。
幸せの光を観客に振りまいてくれる。

何回観ても
心に響く大切な何かを与えてくれる。

ふんわり、そっとね。

だからこそ
また観たい。
もう一度観たい。
そう思ってしまうのだ。


旅立たれた大女優の
宝物のように
大切で素敵な言葉が
私たち光一くんファンの心の中にある。


あなたはこれからですもの。
これから500回も1000回も1500回も
1900回もずっと夢を追っかけて、、
皆さんを楽しませておあげになる
天使ですもの。


あああ、本当にそうだ。


何だか色んな変化がある風な来年のSHOCK。
寂しい変化もあるが
きっと素晴らしい驚きを
またたくさん与えてくれるはず。

来年は既に年の半分は
堂本光一さんのまんまなのですよ!
歓喜!!歓喜!!!

今、私たちに求められているのは
働く事。
そして万障繰り合わせて
算段し
チケットをゲットして
幸せ空間へ向かう事。

いえーいっ!
頑張るぜ!!



拍手コメントへのお返事

桜様

コメントありがとうございます!
座布団100枚嬉しいなぁ~(*´∀`)
るんるん♪
会見来ましたね。
本当に素敵な光一さんでした。
私たち幸せですね!


こはく様

コメントありがとうございます!
お返事遅くなりごめんなさいm(_ _)m
もうねぇ、言いたい事は山のように
ありますよね、、、
彼の所属するGに対してはねぇ。
頑張りましょう。
私たちは光一さんのために動こう。
働こう。
一緒に彼を応援していきましょう。


その他、無記名でコメント下さった方々も
本当にありがとうございましたm(_ _)m
とても嬉しく読ませて頂いております。
上手なコメント返しができませんが
また懲りずにコメント下さいませm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。