スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛とした人。癒される場所。

昨夜も癒されてまいりました。
私にとっての帝劇は癒しスポット、、、
パワースポット、、、。
全てを浄化してくれる幸せ空間。


誘って下さったS様、、、本当に
ありがとうございましたm(_ _)m


光ちゃんは、昨夜も
凛々しく雄々しく輝いていました。
にこにこ笑顔もいっぱいで
本当に楽しみつつ、、、幸せを感じつつ
舞台に立っているのだろうなぁと
感じました。


震災前の割と早い時期に、昨年のSHOCKを
観劇した時は
随所随所で、きつそうな、、辛そうなお顔を
見て、、また最後のご挨拶でも
珍しく弱気な発言をしていたこともあり


そりゃそうだ、、、あの過酷な舞台だもの、、、。
光ちゃんだって、普通の人間なんだもの、、、
舞台は完璧に見せてくれているんだから、、
ちょっとくらいの弱音はいいよね、、、
でも、、心配(>_<)、、、そんな気持ちでいました。


そして、、震災。


光ちゃんが何度も、何度も繰り返し語っている
舞台に立てる幸せ。
当たり前ではなかった幸せ。


それを肌で感じる今年の光ちゃんの
全身から感じる幸せオーラ。
昨夜も浴びてまいりました。


舞台を端から眺めるお席だったので
ちょっと違う視線で見つめる事ができたのも
楽しく幸せでした。

光ちゃんって、ほんのちょっとした仕草の時にも
舞うように美しいんだなぁと改めて感じましたよ。


赤布を腕に巻きつける動作さえ美しい。
無駄がないんですよね。
1回目の赤布フライングの時は
飛びながら片手で操作しつつ
あの美しい飛翔スタイルを維持。
大好きな白衣装と相まって、、、
息をするのも惜しいくらいに
ガン見してしまいました。


太鼓白衣装もそうだし
皆様ご承知の夜海赤衣装もそうだけれど
随所で美しく裾をさばいているお姿があって
もう何度も何度も、、、
それこそDVD含めたら
恐ろしい回数見ているはずなのに
新しい発見、新しい感動があるのですね。


横から眺めるダンスというのも
また素敵なものなのだなぁと。


光ちゃんは言わずもがなの美しい容姿で。
キラキラしい衣装を着ていても
それにけして負けない華やかさで。

でもね、その中でなんだかとっても
唯一リアルだったのが
さらさらさらさら、、、ひよひよひよひよ、、、
動いてる細い髪の毛。

おかしいよね。
全身リアルな堂本光一さんのはずなのに。
なんだか、私、でっかい画面でDVD見てるのかな、、、。
そんな気になっちゃうんです。
ただ一点、髪の毛が、、、さらさらさらって
音が聞こえそうなくらい綺麗で。
たまに、頭頂部の髪がひよひよひよ~って
してるのを見ると、、、
あっ、私の目の前に、本物の光ちゃんがっ!って。


ジャングルのマジックの時。
岩の後ろにいる光ちゃんが、岩を動かしてるコッシーの手に
パンチパンチしているお手手が見えて
きゃあ~可愛い~~~って。
あれは何?笑
何なの?


博多座から、幸運にもコンスタントに月に数回ずつ
観劇できている今年。
光ちゃんはじめカンパニー全員満身創痍なはずなのに
昨日見ていて感じたのは
なんだか以前より
軽々と演じているように
見えたこと。


そんな事あるはずはないのだけれど
光ちゃんが、汗もかかず、涼やかな顔で
踊り歌い演じているから。
光ちゃん、本当は全然平気なんじゃないの?
軽い~軽い~って。
そう見せてしまえる光ちゃんを改めて凄い人だなぁと、、。


世界で活躍するアスリートたちを
見た時に
華々しい活躍の裏に、どれだけの
努力を重ねてきたのだろうかと。
どれだけの犠牲を払い
記録を出すため、メダルを取るために
精進してきたのだろうかと
裏側の血と汗と涙を
誰でもが想像できるからこそ
感動するのと同じように。

SHOCKという舞台もそう。
きらきらの笑顔の裏に
どれだけの汗を流し稽古を重ねてきたのだろうかと
容易に想像できるから、、。


同じ人間なのに、、、。
なぜ、ここまでできるんだろう、、と。

だからこそ
勇気をもらえる。
癒される。

私も明日から頑張ろう。
もっと頑張ろう、、、。
そう思わせてくれるSHOCKという舞台。

もっと観たい。もっと、、もっと。
癒されたい~(>_<)



追記

サンケイEXPRESS素晴らしいです。
写真凄くいい~(>_<)
私の大好きな赤布フライング白衣装の
写真がっっっ(>_<)
ぎゃあああ、、、麗しい、、、(>_<)


追記2


右足について

足の件については
敢えて書くつもりはなかったのですが。
ツイッターの方で
今日の様子で足を心配している方が多そうなので
昨日の時点での様子を一応。

時々引きずっているような感じ、、というのは
確かにちょっと感じました。
でも一瞬なんです。ただそれが何度かあり。
だから、毎回あれ錯覚?癖??
そう思って見ていました。
別にズルズル痛そうに引きずっているのではないの。
一瞬ひょこっとする感じ?
でもそれが怪我のせいなのか
光ちゃんが走りだす、動き出す時の癖なのか、、、
(一瞬ぴょんって飛ぶような感じっていうのかな。
上手く表現できずすみません。でもとにかく
「足を引きずる」という言葉から連想する
不恰好な感じではないのです。
私たちは足を怪我していることを知っているから
そう思うだけで、、)
私には断定はできないし
あまりそういう目で見ても、、と思っていました。
ただ、靭帯を損傷していて、、その上で
あの過酷な舞台を続けていて
治るはずがありませんものね、、、。
日によって痛みが酷かったり、、というのは
あるのかもしれません。
昨日は、
ウエストサイドの蹴り上げ(内君の体の上を右足を通す振り付け)も
やっていたし
夜海の蹴り上げもやっていました。
ダンスを見ていて、違和感を感じる場面は
私にはなかった。

ただの一ファンである私の見解ですが
逆に今、見ることできない方々の方が
心配だと思うので、、、。



あと半月、、、帝劇の神様、、、全ての神様、、
光ちゃんを守っていてください。
そう願うばかりです。






日記を読んでくださり、拍手を下さる皆様
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m


拍手コメントのお返事

みゃあ~様

コメントありがとうございます。
同じ場所に立って欲しくない、、、。
本当に、、、そう思います。
本来なら、腹も立たないはずの
馬鹿馬鹿しい数々の色々なことも
彼がソロで一人立ちもせず
時がくれば、当たり前のように
平然と隣りに立つから、、、
だからこそ腹が立ち憤るのですよね、、。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

おつかれさまでした。
足の様子までお知らせいただき…
PCのこちら側の私達には、
実際観てこられた方の言葉がすべてです。
痛めておられるのはわかっているから、
不調は仕方ないでしょうね。
どう折り合いをつけ、どう舞台を続けていくかは、
光ちゃんとそのそばにいる人にしか判断できないものなのでしょう。
笑顔が出て、舞台は止まることなく続いている。
それがすべて。
そう思いながら、4ヶ月めを見守っていきましょう。

柊子さま

コメントありがとうございます。

笑顔が出て、舞台は止まることなく続いている。
それがすべて。

本当ですね。
逆に、こうして家で報告を待っている方が不安が募るんですよね。
実際舞台を観ると、、、
あの輝くような笑顔で
「大丈夫だよね!」そう思えるんですよね。
見守りましょうね。みんなで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。