スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんのご意見ありがとうございました!

前回の日記にたくさんの拍手とコメント
本当にありがとうございました。
迷いつつ、悩みつつ書いた日記でした。

今までの「光一オンリー」としての
私の日記を読み共感して下さっていた
方々を悲しい思いにさせるかなぁ、、、
それは嫌だなぁ、、と。

それでもやっぱり嘘は書けないし
これからも私は自分のスタイルでしか応援できないし。
どんな風に書いても、、全ての人に納得してもらう事など
はなから無理だよねぇ、、、と
開き直って書いてしまいました。

賛否両論たくさん頂くだろうと思っていましたが、
圧倒的に賛成ですよの
ご意見が多く、、、かなりほっとしています。

もちろん反対意見も頂きました。
貴重なご意見として読ませて頂き、ひとつひとつに
きちんとお答えしようかなぁ、、、と
数日悩んでおりました。
うーん、、うーーーーーん、、、と。
でもどうしても反論って、、言葉が冷たくなってしまうというか、、
私の文章力に問題があるんだろう、、とは思うのですが、、

私の中で一番避けたい事があって。
それは何も言ってこない方たち、、、
傷ついているけど言葉にしない、、
そっと黙っている方たちを
もう一度傷つけるのが怖かったんです。

例えば、、
病気のご家族を抱えていたり、、
ご自分自身がご病気だったり、、
そういう方って思うようにライブなんて通えるはずもないし
そういう方が堂本兄弟を毎週1回楽しみにしていたり
たまたま参加できる!となった日程がキンキコンだったり、、
もしくはソロコンのDVDだけじゃ足りないの。
キンキでもいいからDVDで、、お家で鑑賞できる光一くんに会いたい!
そういう方も十把一絡げに

「光一ファンだとは認めない!!」の
中に入れちゃうの??って
もっともっと色んな事情の方もいらっしゃるはず、、、
そういう物言わない方たちを
傷つけて蹴落とすような事だけはしたくないんです

もちろん私が全てをクリアできる文章を書けているのかと
問われれば、穴にもぐって隠れるしかないのですが、、。

キンキキッズ、、、
お隣、、
そして大好きな光一くん、、、、

なんて複雑な状況なのだろうと改めて思い返した数日でした。

コメント欄にご意見を書いて下さった方がいらしたので
そこにも書いたのでちょっと重複しますが、、


あなたのように、いつまでもキンキコンへ参加する人間がいるから
キンキコンは存続する。
その為にソロの活動が少なくなっているかもしれない事を
自覚しなさいと
いうお言葉を頂きました。

うーん、、、そ、、そうですね、、、

そんな事ないよ!!、、、とは言い切れないものは
確かにありますね。
○○だから絶対にこう!!とは私には言えないもの、、。

でもね、、、一つ物事は冷静に
考えてみましょうよ。
例えば動員数が大幅に減少したとして
(事実アリーナ構成はどんどんスカスカになってきています)
規模を小さくすればいい事なのですよ、、、残念ながら。

CDやDVDの売上げにしたって、あのー、、他ジャニタレで
キンキよりずっとずっとずっーーーーーっと
売上げ低くても存続してますけど、、。

結局「解散」するか否かは
動員数の減少や
CD売上げ等の数字ではなく

解散という選択を
光一さんとお隣さんが、、、
事務所が、関係者等が
決断するか否か、、という事だと
思うのですが。

もちろん、数字がうんと減り
これじゃあGを存続する意味がないな、、と
思わせたい、、、いうお気持ちは
凄く良くわかるし
私だって解散してくれたら、、、と
願う一人ですから

でも、、多分余計しがみつく人が
いると思うんですけれど、、、汗
そしてもし数字で解散が決まるなら
もう今、十分惨憺たる状況だと、、。
過去の栄光からしたら
何でこうなった、、、状態ですよね、今まさに。

よく、こういう話になると
某3人組先輩G化を望む、、、という話になるの。
Gとして解散はないけど、実質活動はゼロという、、。
私も正直解散はないだろ、、、と
思ってるタイプなので
そうね、、それがいいかも、、とは思いつつも

でも「解散」が無ければ、どんなに活動がなくなろうと
どんなにファンが激減しようと
残っているファン同士の
争いだけは延々続くのではないんだろうかという
むしろ少数精鋭同士で激化するんじゃ、、、
恐ろしくて嫌~~~~な想像が、、(>_<)
だってね、私以前某掲示板の
その某先輩方のGスレをちょっと覗いた事があったんです。
そうしたらやっぱり延々やってたんですよ、、
一体いつ活動してくれるの??という悲鳴のような語り合いが、、。
ええええええっ!!!まだ諦めてないのぉぉぉ(・Д・)って。
ご、、ご、、ごめんなさい、、、
何も知らない部外者が言うべき事じゃないんですが正直愕然としちゃって。
なんか、、暗澹としたの。
これじゃ、、キンキじゃ、、、もっとだろ、、、と。

光ちゃんがグラコン大阪オーラス含む4公演で
「キンキへも来る人ーー」と聞いた時
物凄くたくさんの方が手を上げました。

もちろん私は手を上げていません。

絶対に手を上げたくなかったからです。

恐らく私の友人、知人関係で
キンキへも行くけど、、、と今、戸惑っている
光一ファン仲間たちも
みんな、あの挙手をイラッとして
見届けこそすれ、喜んで手を上げるような
人はいないと思うんです。

あそこで、は~~いと手を上げている人
全てをキンキファンとは言いません。
色んな考えの方がいらっしゃるのですからね。
でも、その辺の微妙さを考えだすと
頭がぐるぐるしてくるの、、、苦笑

オンリーって??
光一寄りキンキファンって??
どっからどーなるの?

光ちゃんを大好きで、、
堂本光一という人に会えるなら
どんな場所でも飛んで行きたくて
応援したいと思っている人たちがいて、、

うーん、うーん、、、

そんな風に悩んでいると
ふと
光ちゃんの顔が浮かびます。

光ちゃんが一番大変だね、、、と。

昔話にある、、両方から腕を引っ張られている
様子が思わず目に浮かんじゃったよ、、

我侭な娘たちじゃのーーー!!と
言ってくれた光ちゃん
(全然娘じゃないのに、ごめんね、光ちゃん笑)

でもその我侭に答えるのが僕の仕事と
超おっとこ前発言してくれた光ちゃん。

色々悶々とするけれど
やっぱり一番の正解は
光ちゃんの言葉に
耳を澄ます事かしらと
思った私です。

皆様からもたくさんそういうご意見頂きました。

ソロ要望は引き続きどんどんしていきましょうと。

その通りですね。

帝劇座長として
自分のソロライブを演出している堂本光一として

その姿を見ている私たちからすると

自分が正しいと信じる道を
何者をも恐れず突き進み
カンパニーを、、ソロスタッフを
引っ張っていく力強くて男前の彼が

こと他の仕事となると
どうしても受身の部分を感じて
戸惑っているような感があり

逆風があるのかなぁ、、、
やっぱり一般人には計り知れない
芸能界的な壁があるんだろうなぁと
感じています。
あの事務所ですしね

ご意見の中にもあったのですが
光一くん自身がもっとやる気にならないとと
書いている方がいらして。

私的にはそ、、そうかな、、??と
そんな簡単な問題じゃないから
あの彼が戸惑っているし思い通りにいかないんじゃないの?と
私は思うんです
だからこその
やっぱりソロ要望なのかなぁって。
何もかも全てが「そのまま停滞」するわけではないし
状況は変わる
その変化が少しでも光一くんに良い方向に向かうよう
後押しだけは忘れないようにしないと

結局こんなもんです。
おいおい、そんな事わかってるよ!!な
結論です
とほほ

元日のお誕生日ライブは
KDペンラと、買えそうだったら光ちゃんソロうちわを買い
光ちゃんお誕生日おめでとう~と叫んできます。
舞台の上には紛れも無いKDさんが立っていてくれるし
物販で売っているソロうちわですしね。
何も間違っていないはず。
私は行けないけどレポお願いしますという方もいらしたので
何とか私的光一レポも書いてみようかと、、、汗


最初にも書いたようにたくさんのコメント頂きましたが
今回はお名前だけで失礼させて頂きます。
コメント欄に鍵をつけてご意見下さった方も
名無しさん、Mitsukoさん、桃子さん、まひるさん
ありがとうございました!
拍手コメも、名無しさんの方も結構いらっしゃったので
名無しさんたちはまとめてm(_ _)mありがとうございました。
momoさん、桃子さん、yumi さん、さえさん、よしえさん、
素敵なご意見本当にありがとうございました。

私に対しては「共感できないです」というご意見でさえも
光一くんに対する愛情は紛う方なく溢れていて
嬉しかったです。
皆様本当にありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

一番大事なこと 一番大切な人

ここ何年もこの時期になると繰り返されてきている事がある。
キンキものを購入する人、参加する人を本当の光一ファンとは認めない。
そういう人がキンキの解散を遅らせていると自覚した方がいい、、云々、、。

私はツイッターの扉にもこのブログでも
どこを切り取っても光一さんオンリーです。
光一さんのソロ活動を願っていますと
名乗っている。

けれど(このブログも最初から読んで下さればわかると思うけれど)
毎年一回お誕生日コンには必ず参加している。

えっ、そうなの。裏切られた!!
ただのキンキファンじゃない!!酷いっ!
そう思われる方もいらっしゃるかもしれない。
ごめんなさい。
もしそういう簡単なカテゴリー分けができるのなら
そうかもしれない。
とっても心外だけど、、苦笑。

ここでも何度も書いてきているけれど
光一くんがソロ活動を始めるずっと前
おみくじコンと言われ
お隣の機嫌次第で
180度変わるキンキコンで。
観客をなんとか喜ばせよう楽しませようと
笑顔いっぱいで全力で歌い踊りMCをする
光一くんの姿をずっと見つめてきた。

心無いお隣さんの言葉や
心無いお隣ファン、自称キンキファンの言葉に
傷つけられてきた。
だから緩やかに光一くんだけの活動を望むようになった。

キンキなんて無くていい。
光一くんソロだけが望み。
このスタンスは変わらないし

同じように、辛い気持ちを味わい続け
今でも、苦しくて辛くてキンキコンなんて
絶対に行けないと語る方たちの気持ちは
とてもよくわかる。

だって毎年参加していても、
能天気にきゃーきゃー光ちゃんーーなんて
楽しみにしているわけでもない。

なら行かなきゃいいじゃない。
そんなお金あるなら私は光一くんのソロにかけるよ。

友達にもそう言われた。
確かにそうだ。
その選択は本当に賢いと思うし
正しいとも思っている。

でも私は、そこに光一くんがいるなら
やっぱり会いたいのだ。


「キンキの光ちゃんなんて、本当の光ちゃんじゃない。」


いやぁ、、(-д-;)本当の光ちゃんだぜ?
ソロとは違う余裕のよっちゃんでダンスする光ちゃんも
オツなんだぜ?


緊急コン鹿児島の一件がある。
私も実際参加したわけではないが
信頼できる何人かの参加光一ファンに聞くと
不幸にも、お隣寄り、、しかも腐要素満載の客が
多く入っていたらしく
最初から光ちゃんはアウェーな立場に追い込まれ。
ステージ上は苛め現場のようになっていったそうだ。
そして未だに拡散される捏造レポ。
最初から機嫌の悪かった光一が悪い。
そう決め付けられている現状。

もちろん全ての現場に駆けつけて
光ちゃんを助けられるわけではないし
もし参加していたとしても
果たしてフォローできたのかと
言えば、自信もない。

どだい無理な話だ。
経済的にも
常識的にも。

でも、、、、と、、十年来の付き合いの友人と
この件を話していたら
彼女はこう言い放った。
「私は、光ちゃんも少し思い知ればいいと思ったよ。
キンキでいれば、そういう嫌な目に合い続けるんだよ。
ソロとは違うって少しわかった方がいいんだよ!」

愕然とした。
彼女はそれこそ正真正銘光一オンリーだ。
長年大事に光ちゃんを思い続けている人。
私なんかより想いは深いかもしれないと
思える心優しい光一オンリーだ。


彼女の言いたい事はわかる。
光ちゃんは長年キンキを大切にし続け
守り続け、、必死に走り続けてきた。
なのにアンチから叩かれ
辛い思いをしてきた。
だから、早く気づいて欲しい。
解散して楽になって欲しい。
そう言いたいのだという事は理解できる。

でも、、、
でも、、、

どうして
光ちゃんが思い知らなきゃいけないんだろう。
どうして
光ちゃんが辛い立場に
追い込まれ
光ちゃんが決断しなくちゃいけないの?

ジャニーズの中にはたくさんのグループがいて
キンキの上にも下にも
ひしめき合っている。
飽和状態といえるだろう。

解散して!!!!
ソロ活動に専念して!!!

その半面
もっとキンキで活動して!!
2人の仲良しな姿が見たい!!

そう願う人たちもいるのだ。現実に。

さて
どっちが賢明な選択なのか。

私たちの立場ではそれは明確だ。

光ちゃんはソロでのみ輝く。
わかってるよ。言われなくても!!


でもそれって一体誰が保障してくれるの?
その決断をして
今より良くなるという保障は??


私もよく悶々と考える。

この中途半端な状態はあと何年続くのかな、、、と。
少しずつソロ活動へシフトしてきている
喜ばしい気配は感じるけれど
でも果たして
解散ってありえるのかなぁと。

これってたぶん
誰にもわからない事なのよね。
ただでさえ芸能界は水ものといわれる世界。

光ちゃん自身も言っていた。
明日はもう立つ位置が消えているかもしれない世界。
誰にも保障なんかできない。
誰にもわからない世界。

いくら光一くんが聡明で賢明な人だからといって
自分の未来まで
占えるわけでもなし。

解散という決断を下した事で
それがどう出るのかなんて
この世の誰一人として
わからないのではないでしょうか。


光一くんを大好きだと
思う人たちがいる。

オンリーだとか
Gファンだとか
○○寄りGファンだとか、、、

それって、一体どこで線引きするのかな。

もちろん明確な部分もある。
でも、重箱の隅をつつくような
細かい部分で、、、
もしくは様々な事情を思いやる事もしないで

ひとつの事象だけを取り上げて

だから光一くんファンとは認めません!!
と言い切ってしまう
強硬さは一体どこから生まれるのだろうか

どうして
自分たちも傷つけられてきたというのに
その悲しい刃を
同じ光一くんファンに向けられるのだろうか

私は
辛くて悲しくて
キンキのキの字も聞きたくないし
触れたくないし
隣の顔も見たくない

そう思う方々をけして否定しないし
わかるよ!!!
同じ気持ちだよ!!と
ずっとここで
書き続けてきた。

その気持ちは今もけして変わっていないし
むしろ強くなっている。

そういう方たちに
光ちゃんを一緒に見守ろうよ!
キンキコンへも参加しましょうよ!!
なんて口が裂けても言えないし
言おうとも思っていない。

ただ
私は、、
これからも
キンキコンへも参加します。
見守りたいから。
これは
私の気持ちね。

見ないで文句は言いたいくない。
見てから文句は言いたい(笑)
見てから
あーやっぱり光ちゃんはソロで
輝くわねぇぇ。惚れ惚れ。
そう言いたい。

なにやら
Gファンさんたちが
もっとG活動をして欲しいと
署名を募っているようですね。

負けていられないではありませんか。
光一ファン同志で
ごたごたしている暇はないですよね?

光ちゃんを後押しする仲間は
一人でも多いほうがいい。

CD売上げも
観客動員数も
やっぱり
ひとりひとりの
頑張りが何よりも大事。

同じファン同志で
嫌な思いをして
蹴落としあってどうするのかなぁと。

言葉って難しい。
この私の日記で
傷つき嫌な思いをされる方も
もしかしたらいるのかもしれない。
それは本当にごめんなさい、、、と
謝りたい。
でも、、、
何が言いたいのかというと、、、

光ちゃんが大好きだという気持ちが
もっともっと強くなるように、、、
もっともっと広がるように、、
輪を、、、和を、、、
膨らませる方向に
動いた方が
光ちゃんの後押しになりませんか、、、
そう問いたかったの、、、、





関連記事

Gravityライブツアー 大阪公演を終えて

前回の日記に本当にたくさんのたくさんの
拍手をありがとうございました。
日記を書きながら、昔の事が思い出されて
うるうる来てしまった相当気持ち悪い私です。
でもね、、、
光ちゃんのどんな言葉でも
結局歪んだ受け取り方をして
叩く方たちは今でも
いるわけだし、、。
それは芸能人という職業の宿命なのかも
しれないけれど、、、
それでも、、
光ちゃんの立つ位置って、、
何て辛い場所なんだろう、、
それは現在進行形で変わらないから、、
考え出すともやもやが止まらなくなる私です。

また長くなるのでやめておきまーす。


大阪怒涛の4公演が終わり
抜け殻状態の私です。

日々、、虚しい、、。

幸せな時間を過ごして
光ちゃんから
活力をもらったのだから
生き生き過ごさなきゃいけないのに、、
あまりに幸せすぎると
その反動で
現実が辛い、、、
そんな状態です。

色々なご事情で、大阪に参加できなかった方たちから
したら、何て我がままなんだろう!と
叱られそうですよね。

そのうち浮上します、、、多分、、、。

あの素晴らしいGravityの世界に
二度と浸る事ができないのだと
思うと、、寂しくて寂しくて。
本当になんて素敵なライブだったのだろうかと。

光ちゃんの作り出すソロの世界。

ワンハーフの時は、初のソロ、、
夢にまで見た光ちゃんだけのライブ。
これこれ!!これが見たかったのよ!!と
大興奮だった、、。
煌びやかな、、光り輝く光ちゃんの世界観に
ドキドキした、、。

mirror
何て素晴らしい世界。
堂本光一って凄いっ。
こんなに凄い人だったんだと
改めて感動したライブ。
こんなに凄い曲を作る人だったのね!と!!
光ちゃん、次大丈夫??と
心配になったくらいに
完成度の高いライブだった。

BPaM
このライブは次のBPMへと繋がる、、
「ちょっと待っててね」的なもので、、
光ちゃん自身にとっても
不本意なものだろうから、、
でも、このライブを初めて見た一般の方が
大感動でブログを書いて下さったりしていました。
私たちにとっては
新曲がたった2曲という事もあり
ううう、、、という部分もありましたが、、。
今、改めて
DVDを見るとOPの妖~Deepの流れに
ゾクゾクする。


BPM!!
あーBPM!!
大好きっBPM!!
mirrorの時に、光ちゃん、次大丈夫?なんて
思ってしまった事を
土下座して謝りたくなったほど
光ちゃんが描く世界が
楽しすぎて
心が沸き立つように、、、幸せな気持ちになった
アルバムであり
ライブだった。


そして、、、
Gravity
きたえーる前に聴いたFMラジオで
どっかーーーーんっと
楽曲の魅力にはまってしまった私です。
どの曲も素敵過ぎて
ツボ過ぎて、、、
曲がこんなに好きなんですもの。
その世界を表現した
ライブにも
どっぷりたっぷりはまってしまうのは
当然のことで、、。

光ちゃんって凄い人。
本当に。
なのに、MCになると
たまらなくキュートに。

堂本きみまろでも何でもいいのよ。
タカシマヤの匂いだろうが
なんだろうが
私は、君の言葉に
打ち抜かれる。
どんなにドS発言繰り返そうと
どーんと受け止められるよ(笑)
だって、君が本当は
そういう言葉とは裏腹に
優しくて
情が深くて温かい人だって
わかってるから。
きみまろで居てくれてどーぞどーぞ。

ふふふー。
おっ、
文章を書いたら
少し元気が出てまいりました。

光ちゃんの言うとおり。
どんなに素敵で愛おしい時間も
、、、過ぎていってしまう、、
どんなにもっと、、もっと、、、と
望んでも
時間は過ぎていくからこそ
美しい思いも残るのかもしれないね。

寂しいけど
辛いけど

きっとまた
素敵な次の時間を
信じて
立ち上がらなきゃね。

光ちゃん、ありがとう!
いっぱいの幸せを
本当にありがとう!!



拍手コメントのお礼


あゆみ様

コメントありがとうございました。
痛い人にさせてしまってごめんなさいm(_ _)m
でも、、、変身しちゃいますよね。
光ちゃんの色んな事を考え出すと、、。
応援していきましょう!一緒に。
これからも遊びにいらしてくださいね。


Mitsuko様

コメントありがとうございました。
同感です。
思いっきり彼のやりたい事をさせて
あげられたら、、そんな環境を
プレゼントしてあげられたらって
思ってしまいますよね。
できる事から頑張るしか
ファンにはできないけれど、、
それってとても大切な事と信じています。
これからも遊びにいらしてくださいね。


初めまして様

コメントありがとうございました。
そうそう、光一くん自身がそういう風に
語っていましたよね。
今は色んな意味で評価も高く
仕事をする環境としては
いい場所にいるんだろうなと思っています。
もちろんそれは光一くん自身のたゆまぬ努力と
精進の成せる技ですよね。
それでも、、、もっともっと、、、と
思ってしまうのはファンならずとも、、ですよね。
これからも遊びにいらしてくださいね。


桜様

コメントありがとうございました。
そうなの!
繊細で優しい人なのに
それを隠そうとする所が余計に切ないんですよね。
でも、、長い間見ていたら「ばればれですよ!」とね笑。
どんなにドS発言しても「はっはっはっ。言ってろ」と
受け止められる私たちファンですわよねぇ笑。
これからも遊びにいらしてくださいね。


ありがとうございます様

コメントありがとうございました。
SHOCKの効果なのか
最近ファンになりました、、というお声が
聞こえるようになりましたね。
嬉しいことです。
今度どんなきっかけでファンになられたのか
教えてくださいね(*´∀`)
一緒に応援頑張っていきましょうね。
これからも遊びにいらしてくださいね。



関連記事

過去映像の旅

我が家に眠る恐ろしい本数のビデオたち。
早く移行しなくちゃと思いつつも今まで
放っていたのですが
知人がここ数年で某人気Gにはまったので
「いつかバック映像とか、、色々ダビングしてあげるね」と
約束して早、、、という感じで。
昨日えいやっと重い腰を上げた私です。

人のため、、、と言いつつも真っ先に移行したのが
徹子の部屋の一回目と二回目、、それからオーラの泉。
ツイッターの方でも少し呟いたのですが
徹子の部屋の一回目は
涙が出そうなほど切ない気持ちになりながら
見返していました。

この一回目が放送されたのは2004年の初ソロコン前
なので、もうこの頃の光ちゃんは
帝劇座長としても油の乗り切った頃ではあったし
昔から、女の子みたいな綺麗なお顔とは
裏腹にとても老成した男前な人だったのですが、、、
それでも、、今の光ちゃんを見慣れてしまった私から見ると
ああ、やっぱりまだまだ余裕がない感じ、、、
自信がないのかなぁ、、、と思わせる部分が多々あり。

光一くんのファンになり、、少したって思った事がある。

この人は、こんなに美しくて頭も良くて、、、
何でもできちゃって、、、
人気絶頂なのに、、、
どうしてこう自信がない顔をするんだろうと。

これ、、誤解受けそうで迷ったんですが、、、
なんていうんだろう、、。
自信がなくておどおどしてるとか、、そんな事ではないんですよ?
ステージの上の光一くんは今と変わらず
キラキラ輝いていたし
客を楽しませようというプロ意識の高さは言わずもがなだし。

でも、、、
物凄く勝気で、、強気で、、、
何者をも恐れず発言する子に見えて、、、
見え隠れする繊細な部分、、、
本当は物凄く繊細で、、、気使いで、、、
弱い部分のある人なんだろうなぁ、、、というのが
見えて
それがなんとも切なくて仕方なかった。

光一くんファンなら多かれ少なかれ
感じている事ですよね?
彼をずっと見つめていたら
わかること。

だから発言も物凄く用心深い。
同じような事しか言わない。
これ、今はだいぶ変わってきた気がするけれど
この徹子の頃なんかはそれが一番激しかったような。
自分語りが嫌いと言うところもね、、


以前友人とよく話していたのが
昔のSHOCKの裏映像にも入っている
千穐楽を迎えて、舞台装置が解体されていく作業、、
撤収作業を見るのが凄く嫌い、、、見たくない、、、
と語る光ちゃん。
これに表れてるよねと。

人一倍繊細な部分を持っているけれど
それを人一倍隠したがる彼

芸能界を生きていく上で
最大の武器になる彼の類稀なる美しい容姿は
ひとりの男として
ひとりの人間として
仕事に真摯に立ち向かおうとする
年若い光ちゃんにとって
誤解を生むものでもあったのかなぁと
想像したりする

それに負けないためにも
彼が自分の弱さを
更に隠そうとする、、
女みたい、、、とか
可愛い顔して、、、、
そう言われる事と共に
絶対に負けまいとした部分が
あったんじゃないかなぁと

物凄く負けん気が強くて
勝気に見えるけれど
本当は、、、
矛盾しているようで
逆に見えてくるもの、、


そして、、、もちろん憶測でしかないけれど
一番近くにいる人が
放ち続けたメッセージ

僕は心が弱いから、、、繊細だから、、、
誰よりも傷つきやすいから、、、

例えば、、ちょっと弱気になった時、、
疲れがたまって弱音を吐きたい時、、、
側にいる人間がそれを先に
声高に叫んでいたら。
どんなに辛くても
もう言えなくなる。
言葉を飲み込むしかない。

もっともっと頑張らなくちゃ

そういう言葉が浮かんでくるのでは
ないのだろうか

それでなくても光ちゃんの責任感の強さ
仕事への意識の高さは
並大抵じゃないのだから。
それ以上にハードルは高くなっていったはず

まだ今より
年に何度もGのライブがあったころ、、

一人で頑張っていて
一人で必死に盛り上げていて
にこにこキラキラしているのに、、、
からからからから、、、空回りしている
光ちゃんを何度見た事か、、

それが切なくて悲しくて悔しくて。

光ちゃんは誰よりも頑張りたかったはず。
もっともっとGを高みに登らせたかったはず。
もっと!!もっと!!
でも飲み込まなくちゃいけない言葉。

頑張れと言ってはいけない。
禁句だと。

この頃のお隣さんの評価は
ジャニーズ1歌が上手い。
演技も上手い。

人気も物凄く高かった。

この頃のキンキファンの力関係も
人気は拮抗していて
それぞれにファンはたくさんついていたけれど
隣ファンがメジャー。
光一ファンはマイナー。
そういう空気があった。
ま、これは賛否両論あるかもしれないけれど
私の中ではこういうイメージでした。
ネットでもお隣ファンって異常に強気でしたしね。
凄かった。それこそ。
思い出しても辛くなるほどに
叩かれている光ちゃんを思い出すの。


光ちゃんがどんなに気を使って
自分ひとりで頑張っていても
それは当たり前
もっと頑張れ
もっとフォローしろ
そういう空気に満ちていたコン会場

ファンもそうだったけれど

仕事場での空気も
そういうものが
あったのだろうなぁと
想像する私はただの痛い妄想家でしょうか?

でも

心の病気です

と申告した人には

そうせざるをえないのは
芸能界以外でもそうなのではないでしょうか。

オーラの泉で光ちゃんが語っていた
一番辛かった時期が
どの時期を指し
何を指すのかは
わからない事ではあるけれど、、、

そんな事を考えながら見ていた徹子の部屋

物凄く頑張りたい人と
それが出来ない人の組み合わせって
酷く残酷ですよね。
どっちの立場にたっても。
(解放してあげて、、と
思ってしまうの。だからこそ)

一回目と二回目の徹子の部屋を見ていたら
先日放送された最新光一くんが
見たくて見たくてたまらなくなりました。

そこには
ため息が出るほど
男前で
美しくて

日本一の劇場である帝国劇場の座長として
輝き続けてきた自信にあふれている
男性がいた。

なんて柔らかで穏やかな瞳

嬉しくて嬉しくて
ばんざーいと叫びつつ
泣きたくなりそうになった気持ちの悪い私(-д-;)

ここ数回過去旅を続けている私ですが
友人たちと
いつも話す言葉

今の光一くんが一番素敵で輝いているからこそ
過去の旅にも出られるのよねと
幸せな気持ちで
帰ってこられるの

あー、あの頃は良かった、、、
あの頃は素敵だった、、、
そんな風に思うようになったら、、、
悲しくて戻ってこられないじゃないですか笑。

光一ファンは茨の道

未だに
もうーーーーっ!!嫌っ!って
イライラしちゃう事も多い。

光ちゃんそれ、、どうだろう、、、と
思う事だって、、、、ある(笑)

それでも
一歩一歩、全力で仕事に向かい
辛い事も糧にして
歩いてきた光ちゃんの姿を見ていたら

ついていくよ
いつまでも

そう思える私なんです





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。