スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生誕祭に想うこと

遊びに来て下さる皆さま

あけましておめでとうございます

ここの所更新をさぼっておりました。
ちょっと家庭の事情でなかなかまとまった時間が
取れなくて←言い訳してみた

こんなダメな私ですが、、
今年もどうぞよろしくお願い致します♪

更新していない間にも素敵な光一くん祭りはたくさんあって。
キンキとしての露出でしたが、どの光一くんも
本当に素敵で男前で麗しくて、、
お宝映像いっぱいたまっちゃいましたね♪
なんだろう、、お顔が美しいのは100年前からわかっていたけれど
やっぱり自信でしょうね。
男としての。
それがお顔に表れているから、あんなにも素敵に
輝いているんでしょう。

そしてそして、、、生誕祭に参加して参りました。
(注意・レポはありません。レポ能力ゼロなのです、、)

いやぁもうね、、言葉にならないくらい
美しかったでございますよ。
生王子様はっっ!!
ヘアメイクさんに頑張ってもらった
盛り髪も可愛らしく
(後ろから見ると、中心に向けてふんわりふんわり
ブロウして固めてある綺麗な髪の流れが
はっきり見えて。もう可愛いのなんのってw)
and衣装がねぇ、、また今回良いのですよ。
珍しいくらい外れ衣装がなくて
ザ・王子様な衣装が似合うんですよねぇ、、

トロッコで廻って来てくれた時のお顔がね
本当に優しいお顔で、、。

私たちファンに対して、、何だろう、、
みんなに対して平等な愛をくれる人なんだろうなぁって。
もちろん彼も人ですから、、男性ですから
綺麗なお嬢さんの方が嬉しいには違いないとは
わかっているのよ。ふふふ
それでも、、自分を応援してくれる、、人たちへ
分け隔てなく、、
人として温かい気持ちを持って
見てくれているんだろうなぁと感じたの。
慈愛のまなざし、、というか、、

私たちはとかく、光一オンリーファンだの、、キンキファンだの、、と
区別したがるけれど
光一くんからしたら、そんな細かい事に拘って
ないんだろうな、、というか
受け止めてくれているんだろうなと
色んな事はわかっていつつも、、ね。

多分光一くんは、そういう風にファンを選別するよりも

「自分自身が、ファンを楽しませるステージ作りをしていく事が
俺の仕事」
そういう風に考えているんだろうなぁって。


ツイッターでも呟いた事なのですが
音響設備の近くの席だったので開始前ずっと観察していたんです。
BPMアジアツアーの裏映像でコメントしてらっしゃる
「負けてらんないっ」の総監督さんもいらしたし
音響さんもいらっしゃいました。

今回はお見かけしませんでしたが
ミラコンやBPMに映っている若い女性の音響スタッフさん
(光ちゃんが音について相談したりしている、、
グラコンでは実際横アリで目の前でお仕事してる姿見ました)は
キンキューコン裏映像にもいらしたし、、
照明の小島さんも最初に映像に登場したのはNHKのPJ
キンキコン裏映像でしたよね。

やはりスタッフさんは被っている、、というか
むしろ同じ方がほとんどだと考えた方が自然なわけで、、
そうすると、やはりスタンスが全く違うのは
光一くん自身なのだなと。

今回誕生日のMCを見ていても
ずっと困ってるんですよ、、光一くん。
もちろん笑顔ですよ。とっても優しい笑顔です。
だって、、彼、プロですよ。プロ中のプロ。
私たちそんな事、知ってるもんねぇ。
その彼が客の前で不愉快な顔するわけないじゃないっすか。
そりゃ笑ってるしかないでしょ?

そしてずっと自分だけが祝われている事に恐縮してる発言は
以前から繰り返し言ってるわけだし。
さらっと、おめでとうでいいのに、、、
昨日もそう言ってました。

ただ、光一くんは、
おめでとうと言いたい私たちファンの事も
ちゃんと考えてくれてるんですよね。
ハッピーバースデイ♪と歌いたくて
おめでとう~~~と声を合わせて言いたい。
そういうファンの気持ちもわかりつつ

更に、剛くんのファンの気持ちも考えているんですよ。

私たちは、光一くんの誕生日なんだからっ!!
主役は当たり前よ。お祝いするために
来てるんだからっ。
そう思うけれど、、

元日は、光一ファンしか参加していません。

、、、というわけではない。
だから、剛くんがああやって企画して
面白いと(自分だけが)思ってるんだろう事を
自己満足でやり通しても、、
またこれが長いんだな
小ネタはさぁ、、ぱっと出してぱっと笑わせて
ぱっと終わればまだ、、ね、、、
本当に真逆だなぁってこの時も思ったの
(例えネタだとしても)
ソロで2曲も歌い上げますかね、、、
あの方が繊細だなんてありえないと
思うのよね、、、

そのくそつまんないですわよっなお祝いを楽しいと思って
可愛いと思って見ている剛ファンもいるんだって
事もちゃんと考えてるわけですよ。
光一くんは。

だからこその笑顔。

でもねぇ、、正直後半絶対困ってた。あれ。
笑顔と笑顔の合間に困った顔挟み込まれてたもん。確実に。

そりゃ困るよね、、、


キンキには2割しか関わっていないという光一くんの発言は
私たちにとっては快哉を叫ぶものだったけれど、、、

でも2013年のキンキの活動を振り返ると
あまりといえば、あまりの片方の方の好き放題やりたい放題に
呆れを通り越して
このままでいいのか、、
キンキとしての活動が、例え1年のうち短い期間だとしても
全くゼロにならないのであれば、、
やっぱりそれは良くない状態なんじゃないかと私は思うんです。

ただここはもう私たち光一くんしか好きじゃないファンには
とっても微妙な領域なんですよね

だってソロ活動なら、要望頑張れる。
もっとライブしてください
シングル発売してください
真っ直ぐ望みをぶつけていけばいい

でも、、基本望んでいないG活動ですから、、
要望のしようがないんです
ここが歯がゆい

今回のシングルでもNHKのSONGSのように
フルで歌わない限り光一くんパートは
全くもって短く。

その分画面に映る時間も短く。

これ、、いいわけないですよ。この状況、、、
おかしいですもの

例えば、、、ツイッターでタグ祭りというものが
開催されております。
企画して下さる方がいらして毎回賑わっていますよね。
SHOCK2012の不可解な発売方法の時も
事務所が宣伝しないなら私たちが!!と
立ち上がって下さったようですし
他のタグ祭りでも

少しでも一般の方にアピールしたい
私たちの光一くんって素敵なんですよ
そう知ってもらいたい
興味を持って欲しい

それが一番の狙いなわけですよね?

そう考えると、、
どんどん減っていく貴重なテレビ露出の中
それが例えキンキとしてだろうが

一般が目にする機会のあるチャンスに
歌うパートが少ないって致命的ではないですか?

MステSPの時も
カウコンの時も

一般の方々が
光一年取らない
若い
王子だっ
かっこいい
そうたくさん呟かれていたようです

カウコンも意外に一般人も見ているようなんですよ

一番大切な事は
もちろん私たち光一ファンが一番見たいと思う
光一くんの姿を見る事

つまりソロ要望かもしれない

でもこのまま2割でいいのだろうか
光ちゃんそれでもいいのかなぁ、、
そんな気持ちも生まれつつあるのです

もちろん私は、光一くんがけして口にしないできない言葉があるんだろうと
思っています
言えない事情というものがあるのでしょう

あんなにも真摯に、、ひたむきに仕事に立ち向かう人が
ああいう言葉を口にするって
よっぽどの事だと思うんですよ


私が一番望むこと

それは堂本光一という素晴らしいエンターテイナーの魅力が
もっともっと世間に広まり
もっともっと評価され
人気も広がる事

そうすればおのずと、光一くんの活動を見れる機会が増えるし
活動の幅も広がり
露出も増えるだろうし

自分たちだけのアイドルなんかで
終わって欲しくない
そんなちっぽけな人じゃない

そう信じているからこそ要望し続けてるわけで

もちろん、、SHOCKやソロステージの光一さんが
あまりに素晴らしいから
ソロしか見たくない
それは全くもって当たり前の感覚なわけなんだけれども。

うーん、、、、
堂々巡り


昨夜のキンキコンは
赤い光の海でした

もちろんドーム中の方が
そういう気持ちで赤を照らしているとは
私も思いません
ただそれを差し引いたとしても
赤が圧倒的だったのは確か

31日入ったお友達が31日もそうだったと

あの赤い光は
光一くんにはどう映ったのでしょうか。
どういう風に彼は感じたのでしょうか。

いま、目の前にある仕事に全力で
立ち向かえば、、きっと何かいいことがある。
そう信じてやっていくしかない


そう語る光一くん

昨日の彼もまさにそうでしたよ
本当に素敵でした

ツイッターの方で「慈愛」という言葉とともに
「諦観」と書きました。

私たちが長い事見てきたように
ずっとキンキキッズというグループを
死にもの狂いで守ってきた光一くん
でもグループ活動は一人のやる気だけでは立ち行かない部分も
大きい

もし光一くんにSHOCKという舞台が無かったら
現状はだいぶ違っていたのかもしれないなと思う

自分が見せたい世界を自由に思い描けるソロの世界が
彼にはあるんだもの
やりたい事はソロで、、という言葉は
けしてキンキではできないから、、というマイナスの言葉ではなく
だからこそキンキは2人でしかできない事を、、という
意味なんじゃないかなぁと私は思うんです

素敵な歌が歌える場所、、、

ふふふ。
光一くんのこういう言い回し好きだなぁ

けしてマイナスな言葉では語らないの

VOCEのインタの中に
20代前半の俺が尖ってた時期、周りの大人は
辛抱強く付き合ってくれたんだろうと思いますと
感謝の言葉を語っている

フィルフェス、岡田くんと二宮くん生田くんの対談でも
誰でも絶対尖ってた時期はある
尖らないとやっていけない仕事もあるからと
語っていました

尖ってぶつかってへこんで
また立ち上がって

そうして男としての自信もつき
思いやりも生まれ
誇りをもって仕事に立ち向かえる素敵な男性に
成長していくんだろう

尖っていたと自覚し
ぶつかって傷ついて大人になって
周りに支えられてきたと感謝できる
男同士なら

意見を闘わせぶつかり合い
高め合い
成長していくこともできる

でも、、、それができない人とは
共に成長していくことは難しい
精神的に弱いんだと逃げた人には
もう誰も何も言えないんだから


元日コンのラストのご挨拶で
皆さんが望んで下さる事で形になるものもありますので
これからも応援してくださいね
(もんのすごくアバウトです。殆ど意訳の世界です。
でもこんな感じ←)
光一くんがこうおっしゃってました。

ソロファンの私としては
「ソロ要望頑張るからぁぁぁ!!」と
闘志の炎をめらめらめらっと。

隣に座っていた典型的某文化委員さんが
「いっぱいやってるしっっ」と
言っていたのを聞いて
更に「負けねぇ、、、」と

光一くんが歩いていく後ろ姿を
追いかけていきたい私たちは

正直、霧の中を歩くような辛さを
感じることはあれど、、
やっぱり信じて追いかけていくしかないのだし

確実に要望が届いていて
それが後押しになるのだという
言葉も聞いているのだから、、、

やっぱり2014年もそれを
続けていくのが
とりあえず光一ファンとしての
道なんだろうなぁと

光一くんの優しい笑顔を見ながら
感じた私でした

剛くんに「ながっ」と突っ込めない長文になって
しまいました、、、お粗末さまでございます、、

スポンサーサイト

Gravity DVDを観て 

Gravity三昧の日々皆様、、いかがお過ごしですか?
光一さまの魅力に溺れる日々
いえぇ~いっ!幸せですね。
プロモが無いとか、、CMを見かけない、、とか
不満はあっても
結局光ちゃんがくれる幸せに
浸ってしまえば
ハッピーモードに、、、
ああ、、、もう、、仕方ない。
そこ仕方ない。
光一さまの手の上で
ころころ転がされてる化け猫だから。私たち。

まず全編通して見て思った事、、
光ちゃんは、流れ落ちる汗さえも
自分を輝かせる魅力アイテムに
してしまえる人なのねぇと。
汗だくで歌い踊りトークしていても
暑苦しくないって凄くないですか?
照明を受けて光る汗が
装飾品のように見えてしまうって
どんな事?
改めて、ああ、本当に綺麗な人。
そう思った私です。

あの髪のさらさら加減もね。
汗だくで、、額に張り付く毛ちゃんも
キュート。
私、、光ちゃんが、あの張り付いてる毛だけを
器用に指先で
ぬぐう仕草が好きで堪りませんw

ワンハーフの時、、
Peaceful World後のMCで
汗っだくの顔と髪を
タオルでわしゃわしゃ(そういう所
ホント男前というか正しい男子というか、、笑)
ワイルドに拭きながら
裏から出てきて、、、
髪の毛くしゃくしゃ、でこ全開になっていたのに
首を一回ふるんって振ったら
元のさらさら髪に戻ってて
一緒に見ていた妹と
(・Д・)って顔になって見惚れた思い出があります。
なんなの、、、あの奇跡の人、、って笑。

あああ、またこんな前フリだけで長文、、

こんな駄目ブログでも
遊びに来て下さる方々がいらっしゃるので
私なりに感想を書いてみようかと、、。

まず

OVERTURE

ほんとかっこいいんです、、、ここ。
光ちゃんのソロコンは、ワンハーフから
OPのわくわく感半端なくて、、
これから始まる夢の世界の扉が
ゆっくりと開いていく感じが、、
脳内でじわじわと、、
ああああ、、、嬉しい!楽しい!幸せ!!
うわぁ~~って。
かっこいい事この上ないです。


Danger Zone

オーバーチュアで壮大なドラマが始まる、、
高揚感を煽られきったところ
光一王子登場。
ただ、立っているだけで
こんなに人を酔わせる人って凄い。
降りてくるドットイメージも
更にバージョンアップしていて。
CMでこれを見て「凄い」と
呟いている方とかもいて
そうよ。凄いのよと誇らしくなったり。

文句ない1曲目ですね。
BPMの時は、うわーこう来たかって
誰もが裏切られたけれど
今回は正統派で来ましたねと。
毎回ついあのさら髪に一瞬違和感覚えて
しまう私は、どれだけPV見たんでしょうか、、笑。

世界のトラヴィスとステイシーが
堂本光一のために振付けた曲。
改めて、ああなんていう幸せ。
光ちゃんが、何度も口にした「幸せ」という言葉。
ええ、私たちファンも幸せですよぅ。



Fallen Angel

大好き!!まず曲からして大好きなんだけど
踊る絵を見て、、演出を見て
更に大好きに。何回見ても飽きない。
光ちゃんの作る曲、、ああ本当に好き。
光ちゃんの背から羽根が現れる所、、
きたえーるでは全く気づけませんでした。
(きたえーるから帰ってきた自分の日記を
読んでみたw凄くツボにはまる演出が
あったはずなのに、、覚えてないって書いてる)
あそこがドラマチックでホント素敵。
光ちゃんと羽根、、、ふふふん。ベストマッチングですから。
あの、、you fallen angel~って
CDではyouを
高音でコーラスしてる部分が
ライブでは強調されていて、あそこがツボですぅ~~(>_<)
そしてそして、、CD聴くたび
みなさ~ん、こんばんは~~って、ご挨拶が入る部分で
寂しい寂しい寂しいぃぃって思ってのが大満足!

度々ある演出なんだけど、私はセンタステージを
皇帝のようにダンサー引き連れて歩く光一さまが大好物。
この曲では、セットの一番頂点に皇帝さまが立ち
その下にダンサーを従え踊ります。
ごちそうさまでした!美味しかったです!って感じ。



Bad Desire

ここは衣装替えポイントでインターバルがあるんですが
光ちゃんのライブの凄いところは
退屈する時間がないこと。
ここちょっと休憩ポイントよねって所がない。
例えステージに光ちゃんがいなくても
ちゃんと夢の時間が継続するように
映像で音楽で照明で、、
世界が続いているの。
だから目が離せない。
ここもかっこいいんですよねぇ、、、。
そして映像の光ちゃんたちが
本物に摩り替わる瞬間がまた盛り上がる。
ほんと、キターーーって感じ(笑)
このバババにしても
後にくるDeep、妖、+ミリオンにしても、、
やっぱりシングルカットされた曲って
気持ちが上がりますよね。
(後から気づいた、、ばばばはシングルカット
されてないじゃないか、、おバカちゃんでごめんなさい)
光一さまはワイルドなピーターパンかっ、、
はたまた甲冑なのか←いや甲冑だろw
いいんです。見たいように見れば。


JAM

これツイッターでも書いたんですが
この次のLost Worldが女性ダンサーと。
こちらは男性ダンサーと。
ちゃんとドラマがあったんですね。
何回見ても気づけなかった私を許して、、。
皆さん書いてらっしゃいましたが
WSS風のミュージカル仕立てになってるのが
おおう、、素敵ぃと。
そして光ちゃんもこんなに激しい男性的な
ダンスを踊っていた事にΣ(`□'ノ)ノ!!
多分、、こぶし振り上げるタイミング
計る事に必死だったんだな、、うん、、
きっとそうよ、、、私の事だから、、ふふ。
DVDの素晴らしいところは
見たい部分を何度もリピートできる所。
生では、光一王子ロックオンで
どんなに誰かが側に来ても
遠くの王子ガン見をやめない私ですが
DVDになると、ヤラっち、やまりょ、
ダンサーさんたちと細かく何度も
再生できるのが
楽しい~~♪
みんなかっこいいんだもん。
ほんとかっこいい。
そうそう、そして、私はこのJAMを
歌う光ちゃんの声が大大大好きなんです!!
光ちゃんのこのシャウト気味の高音、、、
ああああ、、、かっこいい、、、、ほぅ、、、


Lost World

これはもうね、、、きたえーるから
ぎゃああああでしたよ。
うはぁ~~こういう演出かぁ、、、
かっこいい、、色っぽい、、、
こういうプレイボーイ風な男性の
演出がぴたっとはまる光一さんを
見ていると、、ああ、やっぱり
この人は何十万人というファンを
抱えた大スターなのよねぇと
今更な感慨を抱いてしまいます。
♪上辺の愛じゃもう、、
の流れで、自分の身体に手を這わす
ダンスは、、
光一ファン垂涎の、、、という、、うはは。
でも、あそこは、真正面から
延々見せて欲しかったです。
なじぇ、そこで引き?天井?
って、画面に掴みかかった人続出のはずw
女性ダンサーさん、私は迂闊の塊なので
最後まで誰が誰だか
全くわからなかったけれど
これもDVDだと思う存分何度も再生できて
嬉しい。


Deep in your heart

記念すべき光ちゃんのソロデビュー曲ですね。
深夜「獣王星」の第一話を
固唾を飲んで待っていたあの日が懐かしい。
またあのOP映像がかっこよくてねぇ、、
光ちゃんのあの声、あの曲と
相まってかっこよくてゾクゾクしたさ。
やっぱりトール。
トールが浮かんでしまう。
「よく覚えておいで」
はい。覚えております。大好きです。

光ちゃんはこの曲をどういう想いで
作り上げていったんだろう。
いつも聴くたびそう思う曲。


MC

さっきまで、あんなに王子だったのに、、、
あんなに神々しかったのに、、、くすくす。
こういう所がこの人の可愛らしいところで
だから、化け猫はいつまでたっても
夢中にさせられちゃうんでしょうね。
このギャップ王子めw
むしろ、光ちゃんが普通のまじめトークしか
しない、、、MCでも王子然としたままの
人だったら、きっとここまで
ファンではいられなかったかも。
トークがどうの、、という事ではなく
彼のその姿勢というか生き方というか、、笑。
なんだろう、、ああ、本当に可愛い人だなぁって。
フォロワーさんとよく話すし
こういう風に感じてる方多いと思うんだけど笑。
なかなか面倒くさい人ですよね。
けして一筋縄ではいかないw
この人の頭の中では、今、どんな言葉が
浮かんでいて、どんな話の流れが
できあがってるのかなって想像するとわくわくする。
以前、ラブラブで、、女優さんがゲストの時に
頭に浮かんだ事を言葉にできず
口だけパクパクするという
ボケを発動していた時があった。
その後兄弟でガクトさんともそんな話になり、、
「頭に浮かぶ言葉の方が早すぎて
言葉が追いつかない。口で話すのが
追いつかない」みたいなことを
2人で共感しあっていて
可愛かった覚えがある。
そういう光一さんを楽しむ時間w
そして、面倒くさい光ちゃんが
本当は、私たち化け猫の事を
大切に思ってくれてるのは
重々承知しつつ
きみまろ的発言をぶっこまれるのを
楽しむ時間w
きみまろだと思って、、、と光ちゃんが
言った後、客席がざわついて
「あ、、ざわざわしてる、、」って言う光ちゃんが
ホント可愛いw
グラコンツアー中、何度かざわざわした事あったよねw
忘れちゃったけど、、ふふ。


invisible

光ちゃんの伸びやかで甘い声を
堪能する曲でございます。
光ちゃんが言うように
バラードが一番好きというわけでは
けしてないんだけど
それでも甘い声で優しく歌われたら
そりゃファンですもの。
ドキドキわくわくしちゃうよ。
きたえーる初聴きで
ぶっ飛んだ伸びやかさ。
そしてコーラス部分を光ちゃんが歌う
演出。
真横の席だったので、光ちゃんの姿は
殆ど見えなかったのに
えらく感動した思い出、、


IN&OUT

この曲ほんとアゲ曲だわぁ。
このBPM光ちゃん自作曲の流れが
かっこよぎて、惚れ惚れ。
聴き慣れた曲、前回披露した曲を
再生して魅せなおす、、
光ちゃんのこういう職人的な部分が
本当に好きです。
No moreが発売された時
リミックスver2曲、計3曲の
同じ曲が入っていて
正直「え~っ」って思ったの。
でも、、、、いざ聞いてみたら、、
これがかっこいいんですよ。
全然違うんです。世界観が。
あ、そかNO moreに至っては
BPMで更にver追加されましたよねw
光ちゃん凄いや、、本当に凄いって。

いななうは、光ちゃんに「カモンっ!」とか
「全力っ!」って命令される喜びを
味わう曲ですわねぇ、、ふふ。
ラストの身体に手を這わすダンスからの
流れがかっちょよすぎ。
大阪の番組でこの映像を見た女性アナが
「なんだかもう可愛いって感じじゃなくて
男らしくてかっこいい、、、」と。


VANISH

ドットイメージが効果的に使われる曲。
BPMの時も特徴的でした。
この曲もかっこいいんですよねぇ。
大好きっ。
このVANISHから

Slave of love

への流れがかっこいい、、、
音がかっこいいの(>_<)
ゾクゾクしちゃうー。
私、、BPMの時は、衣装が
好きじゃなかったんですよ、、正直。
だから短いけどグラコンverの方が
好きっていう、、笑。
ジャニーさんが「YOU、素晴らしいよ。隙がないよ」と
絶賛したというGravityライブ。
私たちからしたら、ジャニさん遅っ、、今更って
つい思ってしまうけれど、、笑。
でも私は、このBPMの曲の流れを
見ていると、ジャニさんが言う隙がないって言葉が
凄く良くわかるなぁって。
普通、新曲ばかりのライブの中で
ファンが耳慣れた曲、、すぐノれる曲を
入れるのは、なんだろう、、ちょっと箸休め的な、、
お前ら、ここで喜んでおけよ的な、、笑
アーティスト側にとっても
ちょっと気の抜ける部分だと思うの。
だけど光ちゃんって違うの。
けして前と同じようには見せない。
一味もふた味もテイストを変えて
持ってくる。
そして、この曲とこの曲をこうやって
繋げるんだぁ!!ってわくわくさせてくれるの。


妖~あやかし~

色っぽいっす。
ただただ色っぽい。
メインステージに戻る前、、
センターステージを降りる直前
一度客席を振り返って
また歩き出す光ちゃん、、
私、光ちゃんのあれ、大好きです(>_<)
夜の海でもやりますよね。
こういう場面の時必ずやるの。
一度振り返って、思いを残すように顔を見せて
歩いて行く。
あそこだけでも物語があるんですけど、、光一さま、、。

この曲のダンスは
なんかちょっと光ちゃん曲にしては
全力じゃない軽めな感じもまたいいなぁと。
毛色が違ってて。


+MILLION but -LOVE

これはもう光一さん歌い慣れ手慣れた感じですよね。
ライブで文句なく上がるし
楽しくなる曲。
光ちゃんはダンスしてこそ!という想いが
ファンにはあるけれど
私は、この曲にしても
今回のSlave Makerにしても
いや、、、光ちゃん凄いよ、、、
かっこいいよ、、、って。
あなたダンスしなくても十分魅力的だ、、そう思うの。
+ミリオンといえば、、私は
音楽戦士という番組で
光ちゃんが普通のスーツで、女性ダンサー2人従えて
ネクタイプレイした←違うから!!
あの偉いセクシーだったアレが
忘れられませんっ!!
あれ最高だった。最後シャツ出ちゃって「くすっ」って
笑っちゃってるの含めw



Come closer

この曲は、CDで初聴き、、いやきたえーる前の
ラジオで初聴きした時点で
かっこいい!!としびれた曲。
確か光ちゃん、最初ちょっと変な曲ですって
紹介してたような。
れちゅれちゅれちゅ♪のインパクトが大っ!
映像と音楽とダンスと、、、全てを効果的に
作りこんだ1曲ですよね。
これ、、テレビで披露して欲しいなぁ、、。
どこからでしたっけ?仙台から?
この曲に入る前に、ちょっとふざけるんですよねw
そしてどんなにMCでふざけても
俺は曲に入ったら、ちゃんとやるよ!!やるから!!って
光ちゃんが言い出してw
わかってるよ、、、わかってるからーと思いつつも
あの階段上で寝っころがって
志村みたいな声で「かむくろーさーでぇーすぅ」って
紹介する光ちゃんが可愛くて。
そして本当に、暗転後曲が始まると
あの男前さでしょ。
わかっちゃあいても、毎回やられますよね♪
曲中に、きゃあああああってやっていい!自由でいい!と
光一ファンが教育された素敵な思い出の曲でもあります。


SUPER SONIC

この曲も衣装替えのインターバルでさえ
わくわくする曲。
映画のワンシーンのような。
今回のオーバーチュア、このインター、そして
Lost Worldも、、私はブレードランナーを思い出すんですよね、、ちょっと。
この曲がダンス無し曲とは
光一さんにまたしてもやられたなぁという。
パンチの効いた太い声に
ああ、光ちゃん、、、ほんとに歌上手くなったねぇと
←上から目線お許しください、、。
かっこいいよ、、、本当にかっこいい、、、
おばちゃん涙出ちゃう、、、なね←馬鹿
パンチの効いた部分と
裏声で甘く歌う部分とこのコントラストが
たまらんですっ!


Bluffxx

これはアルバムの中でもじわじわ好きになった曲。
最初はかむくろーさーや、ふぉーりんえんじぇるの
インパクトには敵わなかったんだけど
あれ、、凄くいいわ、、、
気づくの遅い私です。
演出も素敵でした。
何人もいる光一王子。
光一王子がいっぱいいっぱい。わぁ~い。
DVDより生ですね。そりゃ全部そうなんだけど
特に、、この演出は。


Deepness

曲は大好きなんですけどね。
このダンスは今いちです。
わっ。ごめんなさい。
ヤラっちごめんなさい。ごめんなさい。
でも好みだからいいよね?m(_ _)mm(_ _)m


Slave Maker

好き。好き。好き。大好き。
この曲は、CDで聴くより
生の光ちゃんの声を楽しむ曲。
例え、掠れたり、、ちょっと歌い損じても
そこはいいの。生の醍醐味だから。
むしろそれがいい。
セクシー満載。
あああ、好きだ。大好きだ。
ステージ上が一丸となって
どうだっ!!!て感じなのがまた良いの。
全員を引き連れてセンターステージに
歌いながら歩かれる光一さまに萌えー。
これ衣装もまた良いの。
光ちゃんって、こういう2次元衣装みたいの
本当に似合いますよね。
王子ですよ。まさに。王子。
なのに歌はワイルド。超男前。
げっ、、、なにこのギャップ萌え、、、バタッ←死んだ音


LOVE CRIES

この曲を最初に聴いた時、、、
ちょっと痛いんですけど
いや、かなり痛いんですけど
愛のかたまりが合作である事、、
メロディは大好きな光一曲なのに、、、
なのに、、、と思っている私たち
光一ファンに、、、
光ちゃんが返してくれたのかなって。
イタターーー
イタターーー
でも、そう感じたの。
THE 光一曲。哀愁たっぷりの。
歌い始め、ちょっと苦しそうな光ちゃんが
また素敵なの。
そしてあの浮橋、、、(>_<)
きたえーるでは、本当にびっくりしました。
うひょーーーー!!って。
花道降りてきたーーーーー!!って。
光ちゃんは「花道があると
ここに来る。来るって思うでしょ。それが嫌」
光ちゃんらしいなぁ。
それを形にしてくれたスタッフさんに感謝する
光ちゃん、、、ここもまた素敵。
信頼のおけるスタッフに恵まれて、、
最後のご挨拶でもそう言っていた光ちゃん。
SHOCKでもいつもそうやって
裏で支えてくれるスタッフへの
感謝の言葉を忘れませんよね。



A Silent Night

これね。忘れもしないきたえーる後の感想で
私、貶してますよ、、、汗
メッセージ色の濃い曲好きじゃないって汗
確かにきたえーるでは歌い慣れてない感
バリバリだったんですよ、、光ちゃん。
そして初聴きだったわけです。私も←言い訳している。
きっと光ちゃんは進化させてくるから、こんな事書いた事
後悔するかなって書いてる自分。己を知っているな。
はい。後悔です。土下座です。
聞けば聞くほど好きになっていった曲。
光ちゃんが声を振り絞るようにして歌うのが
切なくて、、、それが、これで終わり、、と思う切なさと
相まって切なさマックスな、、。

ああああ、、、なんて長い日記なんだ、、、
皆さん、、うんざりですよね、、、
でも書いちゃいたかった、、、全部、、、
だって素敵なんだもの。
素晴らしいんだもの。
どんなに素敵なのか、、どんなに素晴らしいのかは
もうね、、皆さん百も承知だとは
わかっている。
きっと今、皆さんそれぞれが
毎日夢中になってGravity中ですよね。

SHOCKにしてもそうだけれど、、
堂本光一という人が
作り出す世界に、こうして浸りきり
夢中になれる私たちファンは
幸せ者ですね。
色んな想いはあれど、、
こうして光ちゃんが提供してくれる作品に
がっかりさせられる事はけしてないんだもの。

いつもその時の最高のものを
与えてくれる。
これって、当たり前のようでいて
絶対に当たり前じゃないと思うの。

だからこそ、みんな、、色んな鬱憤を
抱えつつも光ちゃんの化け猫ちゃんで
い続けられるのよねぇ。
我慢ばっかりで
追いかけ続けられるわけがないもの。
待っていれば、こうして最上の幸せを
もらえるから、、みんな待てるのよね。

光ちゃん、本当にありがとう!!
また一つ宝物が増えました。
化け猫嬉しい~~

生誕祭にて 腹黒い私的レポ

ツイッターの方では色々呟いたのですが
なるほどやっぱり元日に参加していない方に
とっては
「堂本光一」さんはいつもと変わらず
美しくて綺麗で男前で
ダンスは華麗で可愛かったですよ!という
「そんなの当たり前じゃない!何言ってるの」な事より
一体どういう事が行われていたのか
光ちゃんの様子はどうだったのか、、
そういう事の方が気になるのねぇと、、。

そして光ちゃん可愛かった素敵だったと書くと
=キンキコンで楽しめる人
という事になるんだねぇと。
人間ってそんなに簡単に白黒つけられる生き物かしら。

今朝のWSだけ見て「うわっ、つまんなそう」と思った方
それは正しいとも言えるし、そんな事ないよとも言える。

確かにね、光一くんのソロコンと比較しちゃ駄目なんですよ。
ってか比較する事自体が間違っているし←お前もな
同じ次元で比べて欲しくない。
でもやっぱり光ちゃんはそこにいるの。Gコンでもね。

皆さんが一番気になっているMCですが

光ちゃん可哀想っ!!って憤慨している方を見かけると

えー、、何だか、、何だか、、何だかなぁ、、、って
思うんですよね。
別に可哀想じゃなかったし。

前回の日記でも書いたけど
あの安い扮装も光ちゃんがすると
魔法がかかったみたいに可愛かったし
その姿で、
バクステまで歩いて行く姿も
本当に綺麗でかっこよくて。
花道周囲のファンたちの間にさざ波のように
可愛い可愛い可愛い可愛い、、、って
言葉が広がっていく様子が見ていてもわかって。

バクステに到着した後なんて
ドーム中の視線ひとり締めですよ。
何やってもキュート。
確かに、何でひとりにさせるの?
とまどってるじゃないっ!!
という切なさは
光一ファンなら絶対感じる事ではあります。
隣への毒吐き始めたら
止まらない自信ありありですよ。

まずMC始まった時から、ただただ長くて要領悪くて
クソ面白くも無い説明ばっかりで
その説明の間は必然的に隣がビジョンに
大写しなわけです。
歌中は、歌割わかってるからビジョンに確実に
光ちゃんが映ってる時以外はずっと双眼鏡覗いて
ロックオンだったけど
MCはそういうわけにはいかないから
イライラ募りっぱなし。
光ちゃんの綺麗な顔映せよっ(-"-;)ってね。

でもね、何ていうんだろ。
光ちゃん可哀想!!被害者!!みたいな事を
まるで大事のように言う人は、ちょっと違うんじゃって。

確かにせっかくのお誕生日なのに
もっと素直に祝わんかいっっ!という長年の怒りが
皆様の胸につもりにつもっているから
余計に、、というお気持ちは理解できる

でも何でもかんでも可哀想可哀想
言われると、、、うーんって。

あのとまどいは、光ちゃんの中での
隣への距離なんだろうなぁって
私は逆にあははーって思ったけどなぁ。
15年以上も一緒にやってきたのに
「何やねん、、これ、、、どーしたらええねん」っていう。

元日は光ちゃんのお誕生日を祝う事がメインになる。
それって光ちゃんにとっては、物凄く照れくさいというか
困ったなぁな状態なんじゃ?
どうしたって全ての中心になる光ちゃんにとっては
MCのイニシアチブを隣が握り
隣の好きなように演出させる事は
光ちゃんにとっては当たり前の
役割分担?
隣に対しての光ちゃんの遠慮?礼儀なのかなぁって。
確かに隣ファンが、光ちゃんばっかりずるい。
毎年みんなにお祝いされて!と思うのも
わからないでもないし、、、
光ちゃんの中にも絶対にそれはあると思う。
そういう人だもの。光ちゃんは。
だからこその
奴の好き勝手なのかなぁって。
だからって、それを許せるかと言えば
今、私、物凄く隠してるだけで
腹の中真っ黒ですけどね。
この目で見てきたんだし。

光ちゃんがあの時、どんな気持ちだったか
どんな思いでいたかなんて
誰にもわからない、、、でも
一つ言える事は、光ちゃんは
いつだってどこでだって、
絶対に見ている客を不愉快にさせないって事。
いつも自分の立っている場所をわかっていて
自分のやるべき事、
するべき事を全うしてきたって事。
あの日もそう。

くれぐれも、
ソロコンやSHOCKと比べたら駄目なのよ!!
比べるから
どっちのファンも色々言いたくなるんだよね。
キンキ仕様なの。
でもキンキ仕様のりっぱな光ちゃんなのよ。

何度も言いますが
あんな格好して光ちゃんを笑い者にして!←無い!!無い!!
絶対無いから!
最初に光ちゃんがビジョンに映った時の物凄いどよめきしかり
バクステからもう戻っていい?の時のえええええっ!!しかり。
みんな光ちゃんに魅了されてましたから。
けしてマイナスなイメージばかりで
とらえないで欲しい。

ソロコンで、隣コールをしたり、場をわきまえないペンラを振ったりする人が
いるように、、、
ドーム中全てが光一ファンとはいいません。
でも確かに。あの日のドームは、光ちゃんのお誕生日を祝いたいファンが
大多数だったと私は思っています。
スタンスは千差万別。
大嫌いな何とか委員さんがいっぱいいたとしてもね。

そしてMC以外の光ちゃんは
wsでちょろっと映ったガラ少の美しい足さばきご覧になりましたでしょ?
健さん曲の可愛い腰つきご覧になりましたでしょ?
(そういえば、あの曲のダンスが
光ちゃんが大阪で茶化して踊って屋良っちに
叱られてたダンスかなぁ?新振り付け師さんの。
殆ど覚えてないけど何となく、、、)
不満は言い始めたらそれこそ山のようにあるけど
とりあえず良かった探しをしたい。
ポリアンナのように。

ZIPのアナが「でもずっと王子様ですよね。素敵ですから」と
嬉しいコメントしてくれてましたね。


アーティストとして自分自身を
演出し
魅せる事にかけて
ピカイチの才能を持つ光ちゃんだけど
キンキコンに対しては
あの2割発言で
わかるように
受け身な立場で良しとしているように
感じたのは私だけでは
ないはず。

ふっふっふっふっ。
あっはっはっはっ。
おっーほっほっーー。


ここよ。ここ。
すっごい喜ぶところですよ。これ。

腹黒さ全開で終わります。
またちょっと思い出したらツイッターで
呟きますー。


2013年1月1日 キンキコン 光一王子生誕祭参加

光一王子の生誕祭に参加してまいりました!

グラコンでは一切使わなかった双眼鏡を駆使して
王子にロックオン状態で
幸せ満喫してきました。

まず登場シーン
ぎゃああああーーーー
可愛いぃぃぃぃーーーー
か、か、か、髪切ったよねぇぇぇぇ???と
同行の友人たちと。
なんなんでしょう。
一体何回可愛いと思わせたら気が済むんでしょ。
王子様はっ。

ちょっと外ハネ気味なセットで
前髪がちょい重めな感じなのががドツボ
お耳も見えてて
うええええ、、、可愛い(>_<)


どうやらお隣さんの、お誕生日企画会議に
ふぉーゆー、屋良っち、武道たち全員参加のため
ライブ前、後輩くんたちの部屋で
くつろぐ光ちゃん(ここもまた癒されます。可愛い)
を自然に引き離すために
「光一くん、髪切りましょう!!」と
スタッフさんに言われたらしい。

ねぇねぇ、、、
光ちゃんは、髪切ろうよって言われると切るの??
自分が髪切りたいなって思ったから
切るんじゃないんだね?笑
なんかもう、なんかもう
叫びそうになりました。
可愛いんですけどーーーー!!

しかも、それ、誕生日企画も結構終盤に近づいてから
あーーーーー!!だからかぁぁぁーー!!って
気づいてて。
もう。可愛いったら。

安い金モール首にかけられても
あら不思議!
光一さん仕様の煌びやか巻物に。

良くある王様の王冠も
ふんわりヘアに乗せるとあら本物??

エセ手品師みたいなピカピカ眼鏡だって
おっと黒目勝ちチャームポイントお目目が
隠れると
美しい鼻筋と
ふんわり小さくて可愛い口元が
強調されちゃって。
やぁだ~!!
光一さんの完璧フェイスを再確認できましたわよ。

置いてけぼり、一人ぼっちにされて
どーすんねん、、、、
困ったなぁ、、なお顔は
ちょっと切なかったけれど

おいおい、本当に祝う気あるなら
もっとシンプルに
光ちゃんの喜ぶ顔だけ
見られるようにしてよ!!
という気持ちは大いにあれど、、

ストロベリータイムも
ホワイトチョコのいい香りに
美味しそう~(*´∀`) って
なってるのも拝めたし

伸びやかな歌声に
指先まで美しいダンスに、、
ふんわりほんわりきらきら笑顔に
飴と鞭な毒舌に
そしてラストご挨拶の王子っぷりに

例えそこがGコンでも
やっぱり癒されるし
和まされるし
幸せをもらえる

ジャニーさんが、光ちゃんのお誕生日を
祝う為に設定したドームコン

達郎さんが光ちゃんの為に作った
Happy Happy Greeting

やっぱり光ちゃんってみんなに
愛される星の下に生まれているんだろうなぁって
改めて思ったの

たまたまお誕生日で
たまたまお祝いされてるのではなく
必然なんだろうなぁって。

きらきらきらきら、、、
どんな場所でもきらきらしている光ちゃん見てて
強く感じた事でした

昨日のカウコン中継を見ていた時は
ぶーすか文句言ってた金ぴか衣装。
あれね
生で目の前で見たら、、
お耳の出てるショートヘアの可愛さと
相まって、、
そしてお主自ら発光しているのでは?な
光ちゃんの煌びやかさと
相まって
なんだかすっごくかっこよく見えて
びっくりしちゃいました。
ぴっかぴかなのに
負けてないの。
私たちの王子様は。

双眼鏡でロックオンだったので
後輩たちと
可愛らしく戯れる様子もいっぱい見れたし

通路に降りて、ハイタッチしたり
スタンド上段にお手振りしてたり
にこにこきらきらしている
王子はとっても素敵だった

そうそう。
カウコンの手越くんの「子猫ちゃんたち~」
発言をお勉強して
「にゃんこちゃんたち~」
言ってくれました(笑)
もちろんそうそうたやすく甘い言葉を
くれる王子じゃないので
たっくさん毒舌も頂きましたが
私たちそんな言葉でも
幸せもらえるから大丈夫だよ。

なんだかんだ言っても
最後はにゃんこちゃんたち、、、で
締めてくれて、、
そのまた最後に
「今日は王様なんで、、、、
王妃ちゃんたちっ」と。
もう爆笑。
ありがと。光ちゃん搾り出してくれて笑。

光ちゃん、私たちの事を
にゃこには見えねぇ、、、
化け猫にしか、、、って
言ったのに
最後、お隣の「夢で会おう」だったかな?
なんかそんな感じの言葉を受けて
「化けて出てやるぅぅ」と笑。

えーえー出てくれるの?
化けにゃんこちゃんになって?
やっぱり私たちファンより
猫ちゃんなのは光ちゃんだよねぇ?と
ひとりにやにやしちゃった私でした。
光ちゃんなら化けてでも
夢に出て欲しいファンは
星の数ほどいるのにねぇ。


幸せな気持ちの帰り道
フォロワーさんたちが
SMGOきたーーと。

わぁーい。
年の初めの大事なお手紙
届いたー(*´∀`)
光ちゃんらしい
誠実で飾らない言葉に
またまた幸せ。

光ちゃんありがとうな夜でした。


拍手コメントのお礼

Qoo様

コメントありがとうございます。
色々複雑な状況ですね。
もっとシンプルに
ただただ光一くんを応援したいという
願いは皆さん共通しているはずなのにね。
お誕生日も
お祝いしたいと心から願っている
人々がお祝いできる日が
来るように、、と祈らずには
いられません。
またぜひ遊びにいらしてくださいね(*´∀`)





Gravityライブツアー 大阪公演を終えて

前回の日記に本当にたくさんのたくさんの
拍手をありがとうございました。
日記を書きながら、昔の事が思い出されて
うるうる来てしまった相当気持ち悪い私です。
でもね、、、
光ちゃんのどんな言葉でも
結局歪んだ受け取り方をして
叩く方たちは今でも
いるわけだし、、。
それは芸能人という職業の宿命なのかも
しれないけれど、、、
それでも、、
光ちゃんの立つ位置って、、
何て辛い場所なんだろう、、
それは現在進行形で変わらないから、、
考え出すともやもやが止まらなくなる私です。

また長くなるのでやめておきまーす。


大阪怒涛の4公演が終わり
抜け殻状態の私です。

日々、、虚しい、、。

幸せな時間を過ごして
光ちゃんから
活力をもらったのだから
生き生き過ごさなきゃいけないのに、、
あまりに幸せすぎると
その反動で
現実が辛い、、、
そんな状態です。

色々なご事情で、大阪に参加できなかった方たちから
したら、何て我がままなんだろう!と
叱られそうですよね。

そのうち浮上します、、、多分、、、。

あの素晴らしいGravityの世界に
二度と浸る事ができないのだと
思うと、、寂しくて寂しくて。
本当になんて素敵なライブだったのだろうかと。

光ちゃんの作り出すソロの世界。

ワンハーフの時は、初のソロ、、
夢にまで見た光ちゃんだけのライブ。
これこれ!!これが見たかったのよ!!と
大興奮だった、、。
煌びやかな、、光り輝く光ちゃんの世界観に
ドキドキした、、。

mirror
何て素晴らしい世界。
堂本光一って凄いっ。
こんなに凄い人だったんだと
改めて感動したライブ。
こんなに凄い曲を作る人だったのね!と!!
光ちゃん、次大丈夫??と
心配になったくらいに
完成度の高いライブだった。

BPaM
このライブは次のBPMへと繋がる、、
「ちょっと待っててね」的なもので、、
光ちゃん自身にとっても
不本意なものだろうから、、
でも、このライブを初めて見た一般の方が
大感動でブログを書いて下さったりしていました。
私たちにとっては
新曲がたった2曲という事もあり
ううう、、、という部分もありましたが、、。
今、改めて
DVDを見るとOPの妖~Deepの流れに
ゾクゾクする。


BPM!!
あーBPM!!
大好きっBPM!!
mirrorの時に、光ちゃん、次大丈夫?なんて
思ってしまった事を
土下座して謝りたくなったほど
光ちゃんが描く世界が
楽しすぎて
心が沸き立つように、、、幸せな気持ちになった
アルバムであり
ライブだった。


そして、、、
Gravity
きたえーる前に聴いたFMラジオで
どっかーーーーんっと
楽曲の魅力にはまってしまった私です。
どの曲も素敵過ぎて
ツボ過ぎて、、、
曲がこんなに好きなんですもの。
その世界を表現した
ライブにも
どっぷりたっぷりはまってしまうのは
当然のことで、、。

光ちゃんって凄い人。
本当に。
なのに、MCになると
たまらなくキュートに。

堂本きみまろでも何でもいいのよ。
タカシマヤの匂いだろうが
なんだろうが
私は、君の言葉に
打ち抜かれる。
どんなにドS発言繰り返そうと
どーんと受け止められるよ(笑)
だって、君が本当は
そういう言葉とは裏腹に
優しくて
情が深くて温かい人だって
わかってるから。
きみまろで居てくれてどーぞどーぞ。

ふふふー。
おっ、
文章を書いたら
少し元気が出てまいりました。

光ちゃんの言うとおり。
どんなに素敵で愛おしい時間も
、、、過ぎていってしまう、、
どんなにもっと、、もっと、、、と
望んでも
時間は過ぎていくからこそ
美しい思いも残るのかもしれないね。

寂しいけど
辛いけど

きっとまた
素敵な次の時間を
信じて
立ち上がらなきゃね。

光ちゃん、ありがとう!
いっぱいの幸せを
本当にありがとう!!



拍手コメントのお礼


あゆみ様

コメントありがとうございました。
痛い人にさせてしまってごめんなさいm(_ _)m
でも、、、変身しちゃいますよね。
光ちゃんの色んな事を考え出すと、、。
応援していきましょう!一緒に。
これからも遊びにいらしてくださいね。


Mitsuko様

コメントありがとうございました。
同感です。
思いっきり彼のやりたい事をさせて
あげられたら、、そんな環境を
プレゼントしてあげられたらって
思ってしまいますよね。
できる事から頑張るしか
ファンにはできないけれど、、
それってとても大切な事と信じています。
これからも遊びにいらしてくださいね。


初めまして様

コメントありがとうございました。
そうそう、光一くん自身がそういう風に
語っていましたよね。
今は色んな意味で評価も高く
仕事をする環境としては
いい場所にいるんだろうなと思っています。
もちろんそれは光一くん自身のたゆまぬ努力と
精進の成せる技ですよね。
それでも、、、もっともっと、、、と
思ってしまうのはファンならずとも、、ですよね。
これからも遊びにいらしてくださいね。


桜様

コメントありがとうございました。
そうなの!
繊細で優しい人なのに
それを隠そうとする所が余計に切ないんですよね。
でも、、長い間見ていたら「ばればれですよ!」とね笑。
どんなにドS発言しても「はっはっはっ。言ってろ」と
受け止められる私たちファンですわよねぇ笑。
これからも遊びにいらしてくださいね。


ありがとうございます様

コメントありがとうございました。
SHOCKの効果なのか
最近ファンになりました、、というお声が
聞こえるようになりましたね。
嬉しいことです。
今度どんなきっかけでファンになられたのか
教えてくださいね(*´∀`)
一緒に応援頑張っていきましょうね。
これからも遊びにいらしてくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。