スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救ってくれる言葉

ここの所のキンキキッズ、、光ちゃん、、
そして剛くんを巡る様々な
言葉たちに気持ちが重くなりどうしても言葉を出せずにいた。
ツイッターも書けない。
ブログも書けない。
いや、言いたい事は山ほどあるし、
心の奥に泥のように溜まっている
重苦しい気持ちはいったん吐き出したら
止まらなくなるくらいドロドロとしているのだ。
それでも、、
裏でそういう気持ちを吐露し合う友人たちと
良く考えようよ、、表で言うべき事と
言わない方がいい言葉、、、
そう励まし合ってただただ愚痴は裏で、、、
そうしてきた。
(結局書いてしまったわけですが、、汗)

私たち光一ファンは、
彼がどんなにキンキキッズを大切に守ってきたか
仕事が生きがいだと、、
年若い頃から言い続けてきた彼が
見ていて切なくなるほどに
必死に戦ってきた姿を何年も見続けてきたから、、

ネットで飛び交う彼への非難を見ると、
はらわたが煮えくり返るような
気持ちになる
一体どこまで彼を追い詰めて彼だけに
何もかも背負わせる気なんだと。
光ちゃんへ向ける非難の言葉は、
そのままそっくり昔の事など
丸っきり無かったことのように平然としているお隣さんへ
向けられる言葉だと、、
そこの矛盾も見えないふりでひたすら光ちゃんにだけは
完璧なものを求める自称二人好きさんたち

頭が沸騰しそうになる怒りの中
そういう言葉たちの中で光ちゃんは何年黙って
仕事をしてきたのだろうかと
ふと考える

言葉どころか、、昔のキンキコン会場を思えば
もっと酷い状況などざらにあった
ブーイングや暴言、、
精神的に弱いという大義名分大看板を背負った剛くんの横で
光一は強いから何を言っても何をしても平気。大丈夫。
だから剛を庇ってお前は頑張れ。
そういう空気に満ちていたあの頃。

お隣の人のご機嫌が悪く笑わず喋らず顔も上げない、、
その横で、何とかこの場を切り抜けようと
笑顔でいつも以上に盛り上げようと必死な人。
ひとり頑張る人へは、もっと頑張れとブーイング。
自分の感情のままにわがまま放題な人へはいいんだ、いいいんだ、
そのままで、、ただただ立っていてくれれば、、と甘やかし、、

あの頃はそれが普通だと、私たち光一ファンでさえ思っていた節がある
仕方ないよね、、、
頑張れないんだもん、、、
病気の人には何も言えないよね、、
切なくても苦しくても光ちゃんに会いたかったら
キンキコンへ行くしかなかったから
そう自分を納得させて見つめるしかなかった

でも、、、その精神的に弱くて繊細で可哀想な人は
念願のソロ活動を始めてからはどうやら可哀想な発作は起きないようだし
楽しく幸せにお仕事ができるようだ

いくら光ちゃんが菩薩のようだと言ったって
そのばかばかしさに気づかないわけがない。

どんなに光ちゃんが素敵で男前で
彼のソロ活動が素晴しくて
隣の人なんかと比較すること自体が失礼だと
わかっていても、
やっぱりそこは愚かなファンだから
彼が悪しざまに言われていたりすると
腹が立つ
庇いたくなる
何言ってるんだと正したくなる

でもネットの中のそういう言葉の応酬で
「そうですね。私が間違っていました。光一くんは素晴らしい」
そんな風にわかってくれるお隣ファンなど
いるはずもなく
あの人たちにしてみれば
こちらの言う事は全て
剛くん叩きになり
だから私たちも光一を叩くのだ
そういう論理なのだろう

まさに戦争の論理だ
どちらが正しいとか
どちらが間違っているとか
それはお互いの立場に
なれば背中合わせの論理で
主張は正当だから
あとは戦って正義を勝ち取るしかない
そういう愚かしい戦いを
人間は繰り返してきているわけで
そう考えると
私たちのこのくだらない戦いも
終わりはないのだろうなと暗澹とする

ただ売り上げ枚数を見れば
剛くんの真実が見えてしまった人は
黙って去って行ってるのだろうなと。
ただ逆に今もなおしがみ付いているファンは
それだけ強烈な人たちなわけで、、(汗)


さて、それでは
我らが光一王子は
どうなのだろうかと
ふと考える

SHOCKがなかったら
ガラガラと崩れ落ちていたと
語る光ちゃん

自分の原点であるグループを
大切に守ってきた彼にとって
そのグループ活動が
繊細な人にとって死ぬほど辛かったと
聞いて、、どれだけ傷ついただろうかと
思うと辛くなる

一緒に頑張ろうと
思っていた相手が
死にたかった、、辛かったと
何度も語る

光一くんが精神的にどれだけタフだと
言ったって
頑張りたいのに頑張れない
自分は歯を食いしばってでも
血を吐いても前に進みたいけれど
グループ活動は自分だけでは
立ち行かない
じゃあ、どうしたら、、、

あの頃の光ちゃんの気持ちを思うと
そうか、、逆に今の光ちゃんは
あの頃を思えば
ちっとも辛くなんかないんだろうなと
ふと思う

SHOCKという舞台に命をかける事で
彼が得た自信
ひたむきに打ち込む事で
得た大切なものたち

光ちゃんにとって
もはや剛くんなんて
眼中にないのだろうなと。

僕が一人のファンになる時
を読んでいると

堂本光一という一人の男性の
生きる姿勢や
仕事への思いが
ひしひしと伝わってくる
彼が敬愛するF1という
過酷な世界で名を馳せた一流ドライバーへの
思いを読んでいると

そうだよね。光ちゃんは
こういう高みにいる人々を
心に抱いて生きているんだもん

私たちファンの方が
いつまでたっても
心を乱されて
最低な人間と
光ちゃんを並べて考えてしまっているのだ

いや、むしろ
剛くんが、常に私たち光一ファンの心を
波立たせるような事を
繰り返し言うのって
このためなんじゃないかと
思えてきたのだ
だって考えてみて
いつも彼の言葉を真剣に受け止めて
(それが例え怒りであっても)
反応するのって
私たち光一ファンの方なんだぜ、、汗
剛くんが大好きだと語る人たちの方が
むしろ彼の言葉から目をそらし耳をふさぐ

これっておかしな現象だよね
彼の言葉を真剣に受け止めたら
そこにははっきりと
矛盾が見えてくるから、、、


34歳のいい大人になってもなお
過去の可哀想な自分語りをやめず

何かを語る時に他者と比較して
自分を上げる

言う事がそのたびころころと変わり
一貫性がない

言い訳が先に立ち
だから仕方がないでしょと逃げ道は万全

言葉が軽く自分語りは多弁

己の失敗は認めず
失敗は他者のせい

そんな
心卑しい人の言葉に
かき乱され続ける私たちの気持ち

ちょっと俯瞰で眺めてみたら
あまりにもバカバカしい事ばかりなのだ
腹を立てるのも
(光ちゃんに)失礼なほど
レベルの低い矛盾に満ち満ちた言葉の数々

そうなんだよねぇ、、、うん、、そうなんだよ、、


周囲に気を遣う
何でもできちゃう
人に意地悪は言わない、しない

光一ファンなら誰でも知っている
小学校時代の先生の言葉

三つ子の魂百まで、、というけれど
34歳になった光ちゃんは
まさにこのままの姿で
私たちの前に立っている

きっとこれからも
私たちの心を真っ黒にする言葉は
吐かれ続けると覚悟している
それに伴って
追従する盲目な人たちが
追い打ちをかける日は続くだろう

それでも
光一くんが真っ直ぐ立っているかぎり
へこたれても落ち込んでも
私は追いかけていける

だって彼を取り巻く世界が
どんなに汚れても黒くても
光一くん自身は
昔から一貫して変わらない言葉を
聞かせてくれるから

いや、あの頃より更に
逞しく強く優しくなったよね

明日オリスタが我が家に
届きます
光一くんが先頭に立つ孤独を
語っているそうですね
そこがキンキであろうと
ソロであろうと
光一くんという人間は変わらない
だから私は彼の言葉を
聞いていたい
追いかけていたい

真っ黒な思いに翻弄され
どろどろの思いの中で
溺れそうになっても
光ちゃんの言葉は
私をいつでも救い上げてくれるのだから
スポンサーサイト

幸せの連鎖 鈴鹿な一日

3連休が終わろうとしていますが
皆様素敵な休日を過ごされたでしょうか?
私は見事な引きこもり具合でございました。
冷蔵庫の中は空っぽで
明日の子どもたちのお弁当をどうしたら←

でも読みたかった小説をたっぷり読めたし
昨日の鈴鹿祭りで
気持ちはとても満たされた三日間でした。

光ちゃんファンの誰もが祈るような気持ちで
どうか鈴鹿に行けますように、、、
そう思っていたここ数日

昨日いきなりルノー公式が
ツイートした時は驚きましたね(笑)
そこからはもう怒涛の鈴鹿祭り!

情報収集力の素晴らしい方々のおかげで
光ちゃんが鈴鹿で楽しんでいる様子が
手に取るように
聞こえてきて
一日幸せでいっぱいでした。

光ちゃんファンのツイートも

光ちゃんが幸せだと私たちも幸せ、、

そんな温かいもので溢れていましたよね。
同じ光ちゃんを見つめていても
スタンスの違いで
なかなか難しい今、、、
こういう時は
誰もが同じ気持ちになれますよね

いつも、ファンに幸せを山ほど
分け与えてくれる光ちゃんが
つかの間の休日を楽しみ
(F1のお仕事関連で、、だったかも
しれませんが)
彼の大切な大切な趣味の時間を
いま、送っているのだろう、、
そう心に想うだけで
温かな気持ちになれる。

まさに幸せの連鎖ですよね。

自分のためではない、、
誰かの幸せを心から願える
これこそが究極の愛だと
私は思います。

わかってはいても
これほど難しい事はありませんけれどね(苦笑)

削除されてしまったものもあるようですが
画像もね、、
すっぴんでちょっとお髭なのに
少年のようにはにかみつつ
幸せそうな笑顔を浮かべた光ちゃん、、

何度目かわからないけれどw
魂を撃ち抜かれましたわ。
そんな皆さんいっぱいよね。

さっそくパソコンの壁紙にしましたことよ、、ほほほ。

舞台に立つきらびやかな光ちゃんは
もちろん大好きだけれど
すっぴん光ちゃんも本当に大好きな私です。

元々の造作の美しさが逆に際立つような気がするんだもん。
そして年齢相応の男っぽさもね。
そこにドキドキしてしまう。
舞台に立つ光ちゃんは
年齢も性別もある意味
超えてしまったような
美しさと華やかさが
あるけれど

すっぴんちゃんは無防備な感じがまた
いいんですよね。
男の色気がね。
男の30代は一番いい時期だそうですよ。
油の乗り切った
中身も伴った男なら尚更ですよ。

ご面相だけじゃ誤魔化せない。
精神的なもの
歩いてきた過去や
仕事への自信

30を過ぎた男性の顔には
中身こそが如実に表れますよね。
ほっほっほっ。
そりゃ、うちの堂本光一さんが
素敵なわけですわよね。

グラ特のカメラマンさんが
ツイートしてくださっていたのも。
ご苦労を思いつつ
くすっと笑ってしまいました。
うちの王子様を、、
ありがとうございます。
グラ特買わせて頂きますわよ!!
そう心に誓った私です。

光ちゃん、、良かったね、、本当に良かったね。

そうそうBS放送にも
映ってはいけない我らが王子がっっ(爆)
しかも2回もっ!!
和みましたねぇ、、、
癒されましたねぇ、、、

光ちゃんの周囲にはいつも幸せの温かい輪が
ありますよね。
それは光ちゃん自身が
他者を思いやり
その人の身になって慮る事ができる人だから、、
けして愛想の良いタイプではないから
最初は誤解される事もあるかもしれないけれど
少し付き合えば、、一緒に仕事をすれば
すぐにわかる。

光ちゃん自身はぺらぺらと
誰かとのエピソードを語ったりしない。
昔から「迷惑がかかるから、、、」と
黙っている人。
でも周囲からは
色んなお話が漏れ聞こえてくる、、。

温かくて優しいお話ばかりがね、、。
光ちゃんの心根が美しいからこそ
温かい輪も広がるのでしょうね。

そんな幸せな気持ちでいっぱいだった昨夜。
とても嫌な事が耳に入ってきました。
知らない方も多いようなので
ここには敢えて書きませんが、、
(どうしても腹が立ってツイートしちゃったんですけれどね、、汗)

どうしていつも彼が大切にしてきたものを
私たちが大切に見守ってきたものを

泥靴で踏みにじるような事をするんだろうか。

百歩譲って、、、、、いや一万歩くらい譲って
色々考えてみたけれど、、、
それでもやっぱり
理解することなどできなかった。
今でももやもやは晴れないけれど

そういう人間と10年以上も一緒に
仕事をしてきても
尚、汚されない人を想う。
そうなんだよね、、、だから
こんなにも大好きでいられるんだよね。


あさっては大竹さんとのラジオですね。
(ああ勘違い、、10/23(水)放送でした、、とほほ)
SHOCKのお話たくさん聞けるかな。
大竹さんの熱いSHOCK語り、、
ぜひ光ちゃんの目の前で
お願い致します!!ですね!!!



拍手コメントのお礼


くるみ様
コメントありがとうございます。
色んな考え方があり
思いがあり、、誰が正しいのか
どの方法が光ちゃんにとって
一番良い応援の仕方なのか、、
本当に難しい状況ですね。
でも一番大切な事は
光ちゃんの言葉に耳を傾けること。
光ちゃんの見せてくれるお仕事を
真っ直ぐ見つめる事。
そして光ちゃんを大好きだと
想い続ける事。
これですよね!←ってひとつじゃないのかって
突っ込み入れてくださいね(笑)


sakura様
コメントありがとうございます。
自分のスタイル。大切ですよね!
誰が何と言おうと
光ちゃんを大好きで応援したいと
思っている自分自身の心が
一番大切だし真実ですよね。
これからも一緒に応援していきましょう~。


10/12 21:30にコメント下さった方へ
コメントありがとうございます。
おっしゃりたい事わかります。
光ちゃんが過去守ってきた場所を
否定したくない、、同じです。
好きか嫌いか
ソロに比べて、、というのは
自分の気持ちでしかないですしね。
応援のスタイルは自由ですが
自分と違う人を否定するのは
違うと私も思います。
光ちゃんが大好きな気持ちを大事に
これからも一緒に応援していきましょうー。


うっちー様
コメントありがとうございます。
そしてありがとうと言ってくれて
こちらこそありがとうございますですよぉ。
私も同じよ。
超拒否反応。
私のアレルギー反応ったらすごいんですよ。
もうアレルゲンですよ。立派なね(爆)
でも光ちゃんはまだそこにいるから、、。
色んな思いがあり、色んな気持ちは
分かりすぎる程分かるけれど
アレルゲンには負けたくないのですっっw
また遊びにいらしてくださいね。


つん様
コメントありがとうございます。
愚痴大歓迎ですよ。
私も裏では愚痴女です。
表ではこれでもだいぶ我慢しているのです、、笑。
幸せの記憶、、本当ですよね。
光ちゃんの事だけを想えば
それこそ幸せだらけ。
だからこそ嫌な事もありつつ
こうしてみんな夢中なんでしょうね。
どこかで吐き出さないと疲れちゃうので
裏では愚痴りましょう!!笑
これからも一緒に応援していきましょうねー


10/10 01:32にコメント下さった方へ
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
本当に悪の根源は、、、とほほです。
どうしてああなんでしょうねぇ、、。
色々思うと暗澹としてしまうけれど
いつでも真っ直ぐで輝いている光ちゃんを
思って、、、心を浄化させる、、事が大事なんでしょうか。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。


10/10 00:02にコメント下さった方へ
コメントありがとうございます。
励ましの言葉嬉しかったです。
続ける事が大事。
本当にそうですね。
無理して頑張れ!!
素晴しい光ちゃんの言葉を胸に抱いて
髪の毛一本くらいでも近づけるよう
頑張ります(笑)
またぜひ遊びにいらしてくださいねー






光一くんはいつも光一くんだから

光ちゃんに会いたい病の皆様お元気でいらっしゃいますか?
私は、毎朝子どもたちを送り出してからの30分
SHOCK 2012をかけっぱなしにしてルンルンしながら
家事と仕事に出る支度をしています。
とは言っても焦りマックスな時間ですので
目では見ることはできない(笑)
サントラ的に流してるの。
OPから散策シーンくらいまで、、で
ちょうどいいんです。
朝からとっても幸せになれますよ。お勧めです。

待ち望んでいる次のお知らせが
来年のSHOCKになるのか、、
キンキになるのかは
まだわかりませんが
私は結構落ち着いております。
この朝SHOCKのおかげ??笑

う~んとねぇ、、、それは光ちゃんが素敵だから←今更

だって、、日経エンタお読みになりました?奥様?
この優しくて穏やかな微笑み顔ご覧になりまして?
こんな顔見せてもらったら、、、
一生ついていくぜって叫ぶでしょ?

夢幻のレッスン風景も良いですねぇ、、
やっぱり2013 SHOCKも発売して欲しいなぁ、、、
映像特典いっぱいつけて、、、ねぇ、、、

エンタの記事に戻りますが
毎月楽しみで楽しみで、、、。
私は光ちゃんのお仕事に対するこういうお話を聞くのが
何より大好き。
職人気質でとことんまで突き詰める光ちゃんが
本当に素敵なんだもん。
以前は、割といつも同じ話しか語ってくれなくて、、

いろんな意味で「言葉」が独り歩きする
恐ろしさに傷つけられた部分があるのかなぁ、、なんて
切ない気持ちで見つめていた時期もあったのですが
ここ数年、、SHOCKというお仕事が充実してきた頃から
本当にいろんな話を聞かせてくれるようになって、、。

トラヴィスとの出会いも
本当に彼にとってどれほど大きいものであったのか
光ちゃんの言葉ひとつひとつから
溢れるように感じられてハッピーでした。


常にセンターに立つ人間として、、彼がどれだけの
努力を重ねてきたのか、、
SHOCKの時もソロコンの時も
羽のように軽やかに舞うから、、、ついボケーと
見惚れてしまうけれど
本当はその裏で、、いやまさに踊っているさなかも
どれほど身体と神経を使っているのかと
改めて感じた私です。

今朝のWSでベルギー体操選手権でメダルを取った
白井くんの演技を見て
メダリストの森末慎二さんが
「彼の床の演技の中には物凄い回数のひねりが
盛り込まれている。一回ひねるだけでも筋肉の疲労は並大抵ではない。
それをこれだけの回数を、、」と話していました。
白井くんの演技を見ているとあまりにも楽々と回転しているように見えちゃって
全然大変そうに見えないんですよね。
でもやはりそれは日々の努力と精進の結果。
苦しそうに見えたらダメなんですものね。
楽々飛んでいるように見えるからこそ素晴らしいのでしょう。

森末さんの解説を聞いていたら、光ちゃんの顔が浮かんできました。
涼しい顔で舞台に立っているけれど、、
ね、、。

2012年初博多座前の地方WSで歌舞伎役者の坂東玉三郎さんが
SHOCKの階段落ちの場面を見て
「毎回身体の同じ場所を打ち付ける、、というのは辛いんですよ。」と
語ってらっしゃっいました。

やはり同じ歌舞伎役者の市川猿三郎さんもブログで
SHOCKを素晴らしいと絶賛しつつ
危険と背中合わせの舞台について
同じ役者としての立場から語ってらっしゃいましたね。

私たちファンが素人目で見ても、過酷なのはわかるけれど
こうして役者さんたちが
言葉にされているのを聞くと
やはりそうなんだろうな、、、と改めて
胸にせまるものがあります。


そしてキンキの会報も届きました。
行くか、行くまいか、、うーん、、人込み嫌い、、という
ヘタレな理由で行かなかった花火。
どうせキンキだし、、、と思った、、
なんていうのは、、言い訳ですよね、、しくしく。

行かずに後悔するなら、やっぱり行った方が良かったのですもの。
でも人込み嫌いなの!!←アホ

白ベストに巻物、ジーンズくるくるにブーツという
いで立ちの光一さん、、、ああ素敵ですね。
ソロの時の光一さんの方が!!!とか
キンキの光一さんなんて!!!とか
色んなご意見はあるのでしょうし
それは人それぞれなんですが
私にとって光一さんは世界でひとつだけの花

どこに立っていようと
どこで歌っていようと
美しく咲く花なのです。

だって光ちゃんには変わりないでしょ。

見る価値がない、、とか
不愉快なものがついてまわる、、とかは
もちろんありますけれどね


美しい花はゴミの山の上に咲いていても美しいし

荒れ果てた荒野に咲く一輪の花はそれこそ
際立つものが

まぁ、いいや←放棄w

光一インタのページがねぇ、、、
本当に素敵で、、ああ、こういう光ちゃんが大好きなんだぁ、、って
心が温かくなりました。

けしてわかったような事は言わない。
でも深い深い思いやりを持って
他者を思う。

深い思いを抱ける、、、という事は
彼が、痛みも傷も知っているからなんですよね。

光ちゃんの頭の中って
一体どうなっているのでしょうね。

以前放送された「オーラの泉」の中で
「自分の思う自分が言葉に表せられない自分なんです、、」と。

兄弟の放送でも「頭で思う事に言葉が追いつかない」ような事を
ガクトさんと話していましたね。

過去のSHOCK裏映像しかりソロコン裏映像しかり
お仕事に対して、、
ステージ作りに関しては
緻密に計算し
尚且つ頭の中に具体的、立体的に
構想を描ける頭の良さを
ひしひしと感じました。
そしてそれを的確に言葉に出し
スタッフに伝え共に作り出す才能も。

その一方
自分語り、、、もしくは他者への思いを語るのは
全然違うように見えます。
思いの方が深すぎて
言葉が追いついていかないのかなぁ。
だから逆に素っ気なかったり突き放すような事
言ってみたり。ふふふ

そこも可愛い所なんですけれどね。
とりとめもない更新になってしまいました。

次に来るお知らせ如何では
私、やさぐれるかな?ふふー

そうでもない気がします。
リンクして頂いている柊子さんとも
お話したの。
私たち、、落ち着いてるよねって。
もちろん心を波立たせる人が一名
いるので、、、そういう意味では
またすぐキリキリするだろうけれど、、苦笑。

でもね
ほら、、

みんなのことが大好きなの!!それだけ!!

この言葉思い出して?
ここの「みんな」が
変わる事ってもうけして無いと思うの。
でしょう?

ほらー。
そこ心に描くと結構余裕のよっちゃんに生まれ変われませんか?


コメントのお返事


ほほえみ様
コメントありがとうございました。
コメント欄の方に
返信させていただきました。


甲斐様
コメントありがとうございました。
鍵つきコメでしたので
返信だけ、、。
お気遣いありがとうございます。
大丈夫ですよ。
本当にね、、光一くんだけを
見つめているだけなら
私たちは幸せいっぱいなんですけれどね。
それでも大好きな人はいつも
輝いていてくれるから
私たちもひとつひとつ乗り越えつつ
一緒に応援していきたいですね!

ゆーみん様
コメントありがとうございました。
喜んで頂けて私の方が
嬉しいです。
光一座長はとっても素敵でした。
愛すべき人でした。


10/01 02:26にコメントくださった方へ
コメントありがとうございました。
身に余る光栄なお言葉嬉しくて
うるうるしちゃいました。
座長は本当に素敵でした。
私たちって幸せですね。


うっちー様
コメントありがとうございました。
本当に!
色々思う所はあるし
キリキリすることも多いけれど
あの場所に座るだけで、、
幸福感に包まれますよね。
これもコウイチのおかげね?笑


さくら様
コメントありがとうございました。
今更で、、ごめんなさい。
憤ることは多いけれど、、
それでも私は凛としている
光ちゃんだけはいつだって
信じられるから、、
一緒に応援していきたいですね


みゅう様
コメントありがとうございました。
今更なお返事ごめんなさい、、。
そうですね。
やっぱり信じて応援していくしか
道はないと思うの。
だって大好きなんだもの。
未来はどういう流れになるのかは
誰にもわからないけれど
私は光一くんの真摯な姿勢だけは
これからも絶対に変わらないと
信じられるんです。

そのほか、名無しさんのまま
コメント入れてくださった方も
皆様本当にありがとうございました。
まめにお返事しないから
呆れられていると思いますが、、、
いつも嬉しく読ませて頂いております。
ありがとうございました!

コメントはなくても
いつも拍手を下さる皆様にも深く深く
感謝です。
本当にありがとうございます。





凛とした人

堂本光一さんは世界にたった一人しかいない。

ここはひとつベタに、、それこそ
世界にひとつだけの花だ。

しかも、最高に素敵な、、光り輝く花。

神様から与えられた美しい容姿だけに
頼らず
命を削って身を削って
常に舞台を、ステージを
進化させ
最高に輝くエンターテイナーとして
私たちの前に
立ち続けてくれている人。

どうしてこんなにも光ちゃんが大好きなのかなと
考えてみる。

最初にはまったのは、やっぱりお顔の可愛らしさ。
少女マンガに出てくる学園の王子様みたいな
容姿に
うわっ、正しくジャニーズ!!と笑いそうになった。
黒目勝ちで涼やかな切れ長の瞳
カタログ見本みたいな高い鼻、綺麗に通った鼻筋。
綺麗な色のほんわり柔らかそうなたらこ唇
ちょっと色の薄いさらさらの髪の毛
色白の肌
か、、、完璧じゃないかっ、、w

そして少したつと気づく
外見は女の子と見まがうような可愛さなのに
中身は超男前男子だと。

若くして選んだお仕事だけど
天職だと全力で全うする姿。
何事にも妥協せず
生意気と思われようと自分の意見はきちんと言う。

美しい男性が、みんな中身もなよなよの駄目男かと
言われれば、、そんな事はないんだろうけれど
どうしても感じてしまうギャップ萌え、、笑
あとは、やっぱり関西弁のギャップねw


ふわふわ柔らかい容姿の頃から
ずっと変わらない。
見ていて飽きない人だった。
可愛くて仕方なかったあの頃。

あの頃から比べたら
色んな事が変化した。

光ちゃんは押しも押されぬ帝劇座長。
日本で一番チケットが取れにくい舞台と言われ
史上たった4人しかいない
単独主演記録も軽々と超えてしまった。

でも、そういう事だけじゃないんだよね。
私が光ちゃんを好きなのは。

堂本光一として、、
仕事をするひとりの男性として
何事にも全力で臨む、、といつも語るあの姿勢。

そここそが、自分より
ずっと年若い彼に惹かれ続ける理由なのだと
思っている。

お仕事はそれこそ色々だ。

SHOCK、、
ソロライブ、、、
この辺りは、光一ファンなら当然だ。
何度も見た舞台、ステージで
光ちゃんがどんなにかっこいいか
どんなに素敵か
どんなに男前か
なんて言わずもがな、、

ソロの光ちゃんがあまりにも
素敵だから
キンキの光ちゃんなんて、もういいや。
そう思ってしまうのは
私にもわかる、、理解できるし
同意×1000やぐらですわよw

でも、、、
キンキコン、、
堂本兄弟、、、
剛くんが絡んでくるキンキというグループでの
お仕事でも。
光一くんのそのスタンスは変わらないのだ。

そこにあるお仕事に全力で臨む。
手なんか抜かない。

ただ、ソロのお仕事なら
すべて自分の思うように、自分がしたいことだけを
散りばめられるけれど

相手がいるのだから
その相手と歩調を合わせる必要がある。
妥協や譲歩は不可欠だ。

お仕事をした事がある大人なら
誰でも経験があり、わかる事だよね。
社会人として仕事をしていくうえで
大切なこと。
それは芸能人だろうと同じでしょ?

ソロの光一くんの素晴らしさを
知っていながら
キンキの光一くんも応援できるなんて、、、
そういう風に言う方もいるけれど

与えられた枠の中で
自分の役割をしっかり努める光ちゃんも素敵だよ?

光ちゃんを大好きでいること
イコール
幸せ

本当はそうでありたいけれど
どう目を反らしても
光ちゃんがキンキでいるかぎり

剛くんという、私たちにとって理解不能な人と
同じグループでいるかぎり

そこはなかなか難しい

例えキンキの活動を見ないでいても
起こったことは耳に入ってくる
知らないでいる事は難しい
だったら私は目を反らしたくない
ああ、見てやるさ。

多分、私はアイドルで大スターで
キラキラ輝く堂本光一さんも大好きだけど

どんな辛い局面でも、凛として前を見ている
人間堂本光一さんを尊敬し
そして憧れているんだと思う

自分の意に沿わないお仕事、、
好みは誰にでもある。
そして、嫌なお仕事は見ない聞かない応援しない。
それも自由だ。

でも、それは個人の好みであって
光一くんのせいでは
けしてないのだ。
そこを間違えないでくださいねと
強く思う。

ソロものしか買わないとか
キンキのものを買うとか
そんなものは個人の自由。
正しいも、正しくないも
無いのだ。

光一くんがお仕事として
全うしたものを
否定したくない。

ここがすべて。
一番大事なところなのだ。

信じるべき人は堂本光一さん
その人だけ。

ネットは本当に便利なツールだ。
私みたいに、なんの力もない
いち市民もこうして偉そうに
言葉を全世界に発信したりできてしまう。

芸能界の事情も
ジャニーズ事務所という強大な力を持つ
会社の事情も

光一くんのお仕事の複雑な裏事情も
テレビ局と事務所との事情も

そして剛くんとキンキというGの裏事情も

何も知らない、わからない

全ては憶測でしかないし妄想でしかない。

それでも、、私が、
長い事見てきた、、
自分自身の目で耳で
感じて、想う堂本光一くんという人間。

そこだけは誰にも揺るがす事ができないし
真実だと思うのね。

だからこそ、私は全部の光ちゃんを
受けとめたい。

だって私は、「堂本光一」くんのファンなんだもの。



光ちゃんソロデビュー7周年おめでとうございます♪

光一くん
ソロデビュー7周年
おめでとうございます!



いや、、私的には
ありがとう!光ちゃん、ありがとう!!
本当にありがとう!
そう感謝する日、、、だと
思っています。

光一くんがソロデビューする事が
発表され
大喜びしたのが
昨日の事のようです。

さて予約に走るぞと決めて
その頃、仲良くしていた友人たちと、、
1枚ずつ、、色んなCD店に予約に
廻ったのを良く覚えています。

次はあの店、、
ほい、次はあそこ、、、笑。
お互い他人のフリして
別々にね。
少しでも印象つけたくて、、笑
堂本光一って凄い人気だね、、
そう思って欲しかった。
単純に売上げも伸ばしたかった。

テレビ誌か何かにジャケ写一報が
出たのでしたっけ?
初回Aのスーツを着た光ちゃん。
それこそグラコン衣装さんじゃないけれど
ジャニの王道裸にジャケッツ姿なんですが、、、
腰パンなので、、、なので、、、
あの、、、光一さん
物凄くセクシーなんですが、、、
これ、、私たち見せて頂けて
よろしいんでしょうか、、、ってねw
でも結局あれ、、、おくら入りでしたよね。
まぁ、光ちゃんの彫刻のように
美しいお背中がね、、、
町中に貼られましたから、、、
大満足だったんですがね、、、
ふと思い出しました、、、笑。
あれ、どうしてボツになったの?って。

そうそう、KDロゴが初お目見えしたのも
このソロデビューの日でしたよね!
あの日以来
光一ファンにとって
あのKDロゴはなくては
ならない存在。
幸せの象徴のような、、、ね。

美しい背中の光ちゃんが
後ろ手に持っているKD。

今、私の机の上で
光り輝いておりますよ!

光ちゃん、、本当にあのKDロゴ
大切に大切にしてくれてますよね。

光ちゃんはけっして多くを語らないけれど
ちょっとした事で
彼の気持ちを感じ取って
ファンは幸せになれるのよね。

いつからだったかな、、
キンキとしてテレビに出演する時も
イヤモニがソロ仕様、KDロゴのものに
変わりましたよね。

もちろん理由はいろいろあるのかも
しれないけれど、、
幸せな勘違いなら
そのままでもいいよね♪
イヤモニにロゴが
光っているのを見つけるだけで
ファンは心が癒されるんだもの。

ソロデビューは、本当に本当に
幸せな記念日だけれど、、
私的には、
ワンハーフコン、、1/2を
やると、、発表になった時の
幸福感も忘れる事は
できないの。
ある意味、、あの時、、あの前に
光ちゃんは、色んな決断を下したのだろうなって。

ワンハーフ前の
泥沼に沈んでいくような暗い気持ちの日々、、
いま、思い出してもぞっとするの。

光ちゃん、、、どうして、、
もっともっと光ちゃんが見たいのに、、
会いたいのに、、
それが叶わない日々、、

今でも
「約束はできません」
「恐らく!恐らくね笑」と
マイペースな言葉で
ファンを焦らしたりするよね。
光ちゃんは、いい加減な
リップサービスはしないから、、。

私は、それでもいいと思っています。
もちろん本音を言えば
もっともっともっともっと~~~ですよ。

でも、光ちゃんみたいに
全てに拘る職人気質の人は
そうそう量産できないと思うの。

ミラーの時には、全曲自分で
曲を作る事に意味がある、、という
ような発言もしていた光ちゃんが
時を経て
経験を重ね柔軟になり、、
Gravityでは
そこに拘らない、、自分の世界が
広がるのであれば、、、
と考えが変化してきて、、

何事にもかたくな過ぎるのは良くない事。
アーティストだからこそ
柔軟さは必要。
光ちゃんにはそれがありますからね。
人の意見を聞いて受け止められる。
彼はそういう人。
だから、これからの彼のソロ活動も
また色々変化していく事も
あるかもしれない。

私は、「待てる」
その喜びを大事にしたい。
「待てる」幸せに感謝したい。

光ちゃんが決意してくれなければ、、
叶わなかった夢ですから、、。

ミラコン後の雑誌で
光ちゃんはこう語っています。

光一さんにとって、今音楽はどういう存在ですか?

「うーん、堂本光一を形成する上で
欠かせない要素かな」

光ちゃん、、SHOCKという舞台についても
同じような言葉を出していますよね。

「堂本光一という人格を
形成してくれた」と

私は、光ちゃんがこうして
語ってくれる言葉を
聞けるだけで最高に幸せなの。

だって、語らない余白の部分に
自分のソロ活動への
大きな愛と
誇りが見えるんだもん!!!

ここに感動せずして
光一ファンと言えるかいっつぅのー(*´∀`)


光ちゃん、ありがとう。
幸せをたっくさん
ありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。